わたしの足跡


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 写真、カリグラフィー、フランス額装、カルトナージュ…。 やりたい&作ってみたい気持ちの赴くままに、過ごす日々。
by kayo-chocolat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
「My cozy room」
HPのメインメニュー。
(更新停滞中…)

新ブログ↓
「わたしの足跡2」
(こちらの容量がいっぱいになったので、新ブログにて続きを綴ってます)

◆メールは<こちら>より。

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用を固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
↑↓ポチっとお願いします^-^






free counters
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>hi-guchiさん ..
by kayo-chocolat at 00:27
初めまして、いつも楽しみ..
by hi-guchi at 09:41
>funicolareさ..
by kayo-chocolat at 23:21
こんばんは。 霧の..
by funicolare at 20:04
>funicolareさ..
by kayo-chocolat at 01:39
ガ・ン・バ・レ!
by funicolare at 00:27
外部リンク

2016パリ旅行記23-3 :「ジャンリュルサのタペストリーと、夕焼け空(10/22-その3)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【23日目(10月22日:その3)】
「アンジェ城、堅牢な城壁とタペストリー(10/22-その2)」からの続きです)

アンジェ城を後にして、地図を片手にサン・モーリス大聖堂(Cathédrale Saint-Maurice)へ。
正面の下の部分は、修復中でした。
a0112972_1851495.jpg
パイプオルガンがとても重厚で、大きい。
木の彫刻の人が、支えているように見えます。
a0112972_18515924.jpg

大聖堂前の階段を降りていると、階段がペイントされている。
a0112972_1852102.jpg
噴水近くまで降りて振り返ると…こんなイラストになってる!
何かはイマイチ分からないけど(笑)、すごいなぁ。
a0112972_18522133.jpg

川を渡って、しばらく歩く…。
木がものすごく巨大!!
a0112972_18523017.jpg

駐車場みたいだけど、車も停まってないし人もいなくて寂しい…。
a0112972_18524128.jpg

着いたのは、『ジャンリュルサと現代タピストリー美術館』
a0112972_18535512.jpg
この建物は12世紀末に建てられ、聖ヨハネ病院として19世紀まで使われていたらしいです。
大きい広間になっていて、ベッドが360床も収容できたのだって。
その名残で、入り口付近には薬剤棚が残されていました。
a0112972_18541621.jpg

今では、ジャンリュルサ(Jean Lurçat)が、アンジェ城のタペストリーに感銘を受けて制作した、「世界の歌」の一連(10枚)のタペストリーが展示されています。
a0112972_1855647.jpg
黒地で、色がはっきりと鮮やかに見えて、立体的な感じにさえ見えてくる。
10枚の中から、印象的だったものをいくつか…。

↓は「大脅威」(la grande menace)。
a0112972_18553545.jpg
核エネルギーの危険を表していて、鷲が地球に爆弾を落としているのを描いてます。
右側には、船に色々な動物を乗せて逃げようと舵をとる人が。

↓は、「大きな死体の山」(le grand charnier)。
a0112972_18554785.jpg
上には雄ヤギがいるのだけど、中世においては呪いのシンボルだったらしい。
このひとつ前のタペストリーは、「ヒロシマの人」という日本への原爆投下に関するものだったので、それを受けたものになっていて、中央の花火のようなものは、原爆の衝撃波を描いたのだって。

↓は、「平和の裡に栄光を手にする人間」(l'homme en gloire dans la paix)。
a0112972_1856074.jpg
一連のうち、一番大きなタペストリーです。
たくさんの星や、平和の象徴のハトが描かれてます。
この星が、ピカピカ瞬いているように織られていて、とても綺麗でした。

↓は、「水と火」(l'eau et le feu)。
a0112972_18561464.jpg
生命に必要な水と火が、地球から噴き出しているみたい。

↓「シャンパン」(champagne)。
a0112972_18562383.jpg
青色が鮮やかで綺麗。
黒の背景に溶け込んでしまわず、はっきりと鮮やかな青が見てとれました。
樽から噴き出るシャンパンに、たくさんの蝶が舞って…。
躍動感を感じるものでした。

↓「聖なる装飾」(ornamentos sagrados)。
a0112972_18563357.jpg
スペイン語のタイトルが付けられたこのタペストリーは、最も謎めいたもの。
リュルサは1966年に他界したのだけど、この作品についての解説は行わなかったのだって。
左の方には雨、中央には太陽と思われるもの。
光の輪の中にあるものは、一体なんなんだろう…。
この最後のタペストリーが織り上がらないうちに、残念なことに他界してしまったらしい。

力強くて、思いが込められたタピストリー。
少し離れた場所にあるけれども、ここに来てよかった!

建物の裏側に行ってみると、回廊になっていて、ものすごく素敵な雰囲気。
a0112972_18565679.jpg
ここでじっくりと写真を撮りたいー!
a0112972_18571420.jpg
a0112972_18572346.jpg
こんなにもいい場所だとは知らなかったので、アンジェ城の方で時間を割きすぎてしまってました。

気付いたら17:50!!
もう一つ、この隣に現代タペストリー美術館があって、そこの閉館時間が18:00。
せっかくなので、さっとみたいのだけど、入れてくれるかな…と思って扉を押して中に入ると大丈夫だった。
1940~60年台のものが多くて、タペストリーの下絵と完成品とが並べて展示されているのがいくつかありました。
a0112972_1858527.jpg
a0112972_18581454.jpg
たくさんのデザインのタペストリーがあって、面白かったです。
それほど広くはなかったので、ささっと足早に10分で見て回れた!
時間ぎりぎりだったけど見せてくれて嬉しかったです。

オレンジ色の夕日に照らされて、とても綺麗な景色。
a0112972_18582883.jpg
ここで写真を撮ってたら、しつこいナンパ(自称ボクサーのおっちゃん)にあって、振り切ってるのにずっとついてきて本当に辟易。
結局大聖堂の所までずっとついてきて、そこにパトロール中の警官が何人かいたのだけど、それを見たらさっといなくなりました。
こんなにしつこいのは初めてだったので、疲れてしまった…。

気を取り直して、「アダムの家 (Maison d'Adam)」を見に行きました。
旧市街に残っている、15世紀のたてものだそうです。
a0112972_18591589.jpg
今では、小物やお土産を売ってるお店になってます。

このお家、とても素敵♪
a0112972_18592456.jpg

空を見上げると、薄い綿菓子のような雲があちこちに出ていて、とてもいい雰囲気。
a0112972_18593844.jpg
これは綺麗な夕焼けが見えるかも!思って、アンジェ城の入り口付近へ急いで向かいました。
川に面している高台から、夕日がきれいに見える!
a0112972_18595095.jpg
雲もすごくいい感じで、写真を撮りつつ日が落ちるまでずっと見てました。
本当に綺麗な空。
(この時撮った空の写真に、カリグラフィーを組み合わせて作ったものを、カリグラフィー作品展に出展してました。展示作品は→のページ)

名残惜しいけれども、列車の時間もあるしそろそろ行かなきゃ。
アンジェ城の城壁も、オレンジ色に染まってる。
a0112972_19033100.jpg

駅に向かう途中、スーパーで水を買ったり、パン屋さんでパン・オ・ショコラを買ったり。
あ!アンジェ銘菓の、青いチョコレートを買うのを忘れてた…!!
多分、月末からパリで行われるsalon du chocolatに出店すると思うので、そちらで買うことにしよう。
行く前まで覚えていたのだけど、メモとして書いてなかったのですっかり忘れてました。
しまったー!!

列車の時間のの20分前に駅に到着。
名残惜しいなぁ。
19:40発のTGVに乗って、パンを食べたり日記を書いたりしてました。
パリには21:25に到着。
部屋に帰ったのは22時ごろで、パンだけではお腹が空いていて、でも作るのは面倒だったので、ポテチとヒツジのヨーグルトでお腹を満たしてました。
一応、緑のものも食べなきゃ…と、日本から持ってきていた青汁の粉を水に溶いて飲んだりも。
ベルナシヨンのチョコも2粒食べたのだけど、洋酒が効いているものだったせいか、歩き疲れてるせいか、一気に眠気が襲ってきて、ヒーターの側に椅子を移動して、暖をとりつつうつらうつら…。
毎日こんなにも出歩くことはないので、疲れがどんどんたまっていってる気がする。


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-05-31 19:04 | France-2016-旅行記 | Comments(0)
<< 2016パリ旅行記24-1 :... 「初夏の装い展」出展のお知らせ >>


検索
最新の記事
ブログ移転のお知らせ
at 2017-08-08 22:07
2017年の、フランス旅行記..
at 2017-08-07 17:50
展示最終日&冷たくて甘いもの..
at 2017-08-05 22:37
相変わらずの右目
at 2017-08-04 23:13
フレンチクラフトフェアのお知らせ
at 2017-07-28 16:41
数字の差
at 2017-07-27 18:04
帰国して…
at 2017-07-23 22:54
パリ最後の夜
at 2017-07-19 22:00
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
くりっく365とは
ブログジャンル
タグ
画像一覧