わたしの足跡


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 写真、カリグラフィー、フランス額装、カルトナージュ…。 やりたい&作ってみたい気持ちの赴くままに、過ごす日々。
by kayo-chocolat
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「My cozy room」
HPのメインメニュー。
(更新停滞中…)

新ブログ↓
「わたしの足跡2」
(こちらの容量がいっぱいになったので、新ブログにて続きを綴ってます)

◆メールは<こちら>より。

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用を固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
↑↓ポチっとお願いします^-^






free counters
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>hi-guchiさん ..
by kayo-chocolat at 00:27
初めまして、いつも楽しみ..
by hi-guchi at 09:41
>funicolareさ..
by kayo-chocolat at 23:21
こんばんは。 霧の..
by funicolare at 20:04
>funicolareさ..
by kayo-chocolat at 01:39
ガ・ン・バ・レ!
by funicolare at 00:27
外部リンク

カテゴリ:France-2016-旅行記( 56 )

2016パリ旅行記9-1 :「モンマルトルのブドウ収穫祭のパレード!!(10/8-その1)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【9日目(10月8日:その1)】

9時ごろ起きて、クラッカー&ヤギのチーズの朝ご飯。
寝る前に飲んだ風邪薬のおかげで、すっきりしてる。よかった!
今日は、モンマルトルのブドウ収穫祭(Fêtes des vendanges de Montmartre)のパレードがあるんです♪
あらかじめネットでチェックしていたけど、もう一度通る場所とかを確認しておこう…と思ってサイトを見てみると…。

ええっ???!!
パリに来る前に見た時は、15時からって書いてあったのに、11時45分からに変更になってる!!!
しかも、ルートも変更になってるっぽい。
うわぁ、確認しておいてよかったー。
見てなかったら、15時に行って、「あれ…??」ってなってたわ。

午前中に蚤の市に行こうと思ってたけど、予定変更!
支度したら、モンマルトルへ向かいました。
メトロの出口のところで、パレードに参加するであろう格好の親子がいたので、その人についていって、ちょうどパレードの出発地点にたどり着きました。
最初の予定では、18区市役所が出発地点だったけど、ブドウ畑の横からのスタートになってました。
ルートも、サイトに載っていたものと全然違うみたい。
多分、テロを警戒して…だろうなと思いました。

パレード開始の15分ほど前だったので、もうみんな待機してて、すごい人!!
a0112972_14231193.jpg

どのあたりが見やすいのかな…と、ちょっとうろうろして、とりあえず坂道を登ったところで待機してました。
いよいよ、パレードの開始です!!
a0112972_14233382.jpg

あ!昨日見かけた、République de Montmartre(モンマルトル共和国)のグループ!
a0112972_14234534.jpg

フランス各地の色々な地方の、色んな団体が、次から次へと通り過ぎていきます。
a0112972_14235882.jpg

こんな、手作り感溢れるグループも。
a0112972_1424613.jpg

太鼓の音とともに、リズムに乗って楽しそうに歩いてくる!



胸に、ワインのテイスティングの時に使う、タートヴァンを胸に下げてます。
a0112972_14253891.jpg
a0112972_14254861.jpg

それぞれの団体の、衣装がかっこいい!!
a0112972_1426776.jpg

楽器の音色が素敵♪
a0112972_14261278.jpg

ふと足元を見ると…靴が、先がとがってて可愛い!
a0112972_14263251.jpg

パレードを見つつ、写真もたくさん撮っていきました!
a0112972_1427736.jpg
a0112972_14271275.jpg
a0112972_14274164.jpg
a0112972_14275878.jpg

この(↓)団体の旗、かっこいい!
そして、左の杖を持ったおじいちゃん、何だか魔法使いみたいな感じがする!
a0112972_14282097.jpg

赤い生地も素敵な地模様だったけど、中の白地の生地の模様もとても素敵だった。
a0112972_14283287.jpg
a0112972_14295135.jpg
a0112972_1430112.jpg

元気に踊ってる!
a0112972_14285140.jpg

広い通りでは、こんなポーズも披露してました。すごい!
a0112972_1429581.jpg

またまたドラムの音が!



バグパイプの音色も、衣装もとても素敵♪
a0112972_14293833.jpg
a0112972_14305237.jpg

こんな感じで、パレードが進んでいきます。
あ!フレンチカンカンを踊ってるグループも。



手回しのオルゴールみたいなの。
歌と音楽と、いい雰囲気のみなさん。
a0112972_14311590.jpg

全部の団体が通り過ぎたので、早足で歩いていって、広い通りで後の方の団体のをまた見てました。
開脚、すごい!!
a0112972_14312835.jpg

ドラムのグループ。
お兄さん、ばっちりカメラ目線メルシー!!
a0112972_14314189.jpg




可愛いリュック♪
a0112972_1432076.jpg

ブドウの入った樽を運んでます。
ワインの試飲も配ってて、私ももらってゴクゴク♪
a0112972_14321712.jpg
a0112972_14325473.jpg

前がちゃんと見えているのか…すごく気になった(笑)
a0112972_14322542.jpg

楽器を演奏してる皆さん、お揃いのベストが可愛い!
a0112972_14323452.jpg

このカンカンを踊ってるグループをもっと見たくて、追いかけていってずーっと写真撮りながら見てました。
a0112972_14332744.jpg

めちゃくちゃ身体が固い私なので、こんなポーズが出来るのがすごい!!
a0112972_14352566.jpg

この人が、一人だけ衣装が違ってて、リーダーっぽい感じ。
トリコロールカラーのスカートのひらひら、可愛いなぁ。
a0112972_14333341.jpg
a0112972_14341469.jpg
a0112972_14385066.jpg

パレードはゆっくり進むので、前が止まった時とかダンスを披露してくれます。
a0112972_14342594.jpg
a0112972_14365179.jpg
a0112972_14373385.jpg




すごーい!!!
a0112972_14375276.jpg
a0112972_14381198.jpg
a0112972_1438080.jpg

私もこのポーズ、一度やってみたい…けど無理!
a0112972_14345087.jpg

一人ひとり、短いダンスを披露したり…。
a0112972_14382831.jpg
a0112972_14354482.jpg

足の間を、くぐり抜け!
a0112972_14355799.jpg

スカート、ひらひら~~!!
a0112972_14361449.jpg
a0112972_14392159.jpg

華やかなパフォーマンス、メルシー!!
a0112972_14362676.jpg

再び、パレードの最後のほうの団体を見学。
a0112972_14393148.jpg
a0112972_14393727.jpg
a0112972_14394281.jpg

サンバを踊る女性が!
スタート地点付近で見てた時は、この人いなかったから、途中から合流したのかな。
すごく引き締まった身体が羨ましい!
a0112972_14395660.jpg

18区市役所はもうすぐそこ。
今回のパレードは、この市役所が終着地で、それぞれの団体が建物の中に入っていってました。
a0112972_1440642.jpg

最後の熱唱!!声、高らかに!
a0112972_14401596.jpg

パレードを見てる人の中には、ブドウを持った人も!
ブドウの樽を運んでいた人たちが配ってたのかな。
a0112972_14402234.jpg

18区役所前では、ブドウの苗木を売ってました。
a0112972_14402825.jpg

パレード、楽しかったー!!
時間の変更に気が付いて、見ることができて本当に良かったです。

そろそろ14時。
お腹ぺこぺこなので、昨日と同じく収穫祭の屋台で飲み食いするため、サクレクール寺院に向かうことにしました。
結構坂道の下まで歩いてきていたので、えっちらおっちら坂を上って…。
お腹が空いてるので、すごく疲れる!!


10/8-その2:「ブドウ収穫祭で、飲んで食べて!」へ続きます)


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-03-13 14:45 | France-2016-旅行記 | Comments(0)

2016パリ旅行記8-2 :「念願の、モンマルトルのブドウ収穫祭へ!(10/7-その2)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【8日目(10月7日:その2)】
「昔のバス、カラフルな家々の前でネコと戯れ、Made in Parisを見る(10/7-その1)」からの続きです)

次に向かったのは、モンマルトル!
10月の第2週は、モンマルトルのブドウ収穫祭 (Fêtes des vendanges de Montmartre)
ここパリ18区のモンマルトルには、小さなブドウ畑(約1550m2)があって、そこで採れたブドウでワインを作っているんです。
その収穫のお祭りが、年に一度この時期に行われるので、秋にパリに行くなら絶対にこのお祭りに行きたいってずっと思ってました。
今年は5日(水)~9日(日)に行われていて、83回目なのだって!
混雑がましであろう平日の間に一度行きたいなと思って、金曜日の今日行ってみることにしました。

ブドウ畑の方からサクレクール寺院の方に、坂を上っていると、後ろから何やらにぎやかな音が…。
太鼓の音とともに、「République de Montmartre(モンマルトル共和国)」のグループがやってきました。
a0112972_1825338.jpg
a0112972_183292.jpg

太鼓をたたいてる人の、衣装がとっても可愛い♪
a0112972_1831044.jpg

みなさん、ぞろぞろとこのお店に入っていきました。
パレードは明日あるのだけど、その前にちょっと見れて嬉しい!
a0112972_1831811.jpg

お祭りは、サクレクール寺院の周りが会場になっていて、通りに入るのに柵が置かれていて、セキュリティチェックを受けてその中へ。
道の両側に、食べ物や飲み物などの屋台がずらり!!
a0112972_1835599.jpg

うわー!すごい!
どんなのがあるか、まずは見て回ることにしました。
トリュファードとアリゴの、大きなフライパン!!
a0112972_1842712.jpg
混ぜるのに、結構力が必要な感じ。
a0112972_1843725.jpg

こちらは、生ガキがずらり!美味しそう~~!
a0112972_1844569.jpg

18区のoffices de tourisme(観光案内所)のブースがあって、ここでさっき横を通ってきたワイン畑から作ったワインなどが販売されてました。
a0112972_1851729.jpg
これこれ、このワインを探してたの!!
a0112972_1854181.jpg

ここで作られているパリ産ワイン、「Le Clos Montmartre(ル・クロ・モンマルトル)」は、収穫できるブドウの量も少ないので、そこから作れるワインも年間わずか約1000本と少なくて、とても貴重!
このお祭りでは、そのワインをグラス単位で飲むことが出来るんです!

去年のブドウで作ったワインを一杯購入しました。
グラス付きで、7.5ユーロ。
a0112972_186976.jpg
すっきりとした、フルーティーな軽い香りと味。
すごく美味しいって感じじゃないけど、このパリのここで採れたブドウかぁって思って、感慨深くて嬉しかった。
グラスは記念にお持ち帰り♪

さて、再び屋台巡りを再開です。
色とりどりのチーズ!
試食させてもらったけど、濃厚な味で美味しかったです。
a0112972_1863144.jpg

ワインの屋台もたくさん出てます。
それほど詳しくないから、どこで買ったらいいかわかんないなぁ。
a0112972_186385.jpg

サラミや、真空パックにれたベーコンやお肉。
おつまみに最高だろうな。
a0112972_1865395.jpg
食べ物の屋台がいろいろありすぎて、どれを食べようか迷う…。

目についた、このブースでワインを買ってみることにしました。
「Domaine Mas Sainte Lucie 」というところ。
a0112972_1872415.jpg
このお祭りのシステムで、最初にプラスチック製の専用グラスが1.5ユーロで必要で、そのあとはどこのブースでもこのグラスを使って、ワインが買えるという仕組み。
ゆっくり説明してくれて、何とかわかった!
色々種類があって、ロゼにしてみました。
a0112972_1874991.jpg
このワイン、飲みやすくて美味しい!!

飲みながら何かつまみたくて、エスカルゴのお店に並びました。
エスカルゴのベーコン巻き串焼きで、瓶詰のエスカルゴも売られてた。
a0112972_1881292.jpg
a0112972_1882161.jpg

バゲットもつけてもらって、いただきまーす!
a0112972_1883553.jpg
あー!これ、最高!!
ベーコンの中には、こんなふうにエスカルゴが。
a0112972_1885520.jpg
ベーコンの塩味がいい感じで、ワインが進む♪ 美味しい!

壁にもたれてワインを飲みつつ、屋台を眺める…。
a0112972_1891427.jpg

プルーンやサラミの試食をもらって食べつつ、ぷらぷら。
ここのサラミが美味しかったのだけど、後で買おうと思って忘れてた…。
a0112972_1892748.jpg

あ!さっきのRépublique de Montmartre(モンマルトル共和国)の人たちだ!
a0112972_1894013.jpg

ワインの他に、シャンパンやビールなどもあって、食べ物も本当にたくさんある。
お肉のいい香りが漂ってくる~。
a0112972_1810135.jpg
a0112972_1810937.jpg

焼き栗の屋台も発見!
明日&明後日も来る予定だから、栗はその時に食べよう。
a0112972_1810173.jpg

18時を回って、だんだん人が増えてきた。
a0112972_18102510.jpg

色々屋台を見ていたら、それだけでお腹いっぱいな感じになってきて、今日の所は帰ることに。
ワインも2杯飲んだことだし、ほろ酔い気分♪
モンマルトルは、色んなストリートアートが描かれているので、まだ明るいうちにさっと裏道を歩いて撮って回りました。
a0112972_18105045.jpg
良く見かける、顔の立体アートが風船に!ほかの人が描き足したのかな。
以前よく見たところは、結構消されてしまっている所が多くて、ストリートアート自体がかなり少なくなってるなぁ。

たくさんのワンちゃんが集まってる!
a0112972_1811392.jpg
ほとんど車の来ないところで、お散歩の人たちが集まって遊ばせてる感じ。
どの子も可愛いなぁ。

甘いものが食べたくなって、パティスリー、「アルノー・ラエール(Arnaud Larher)」に寄ってみると…お店の内装が変わってて、すごく綺麗になってた!
いつも買うフォンダンショコラは…あった!
ここのフォンダンショコラ(商品名はMoelleux au chocolat)が、本当にとっても美味しくて美味しくて♪
特にフランボワーズのが絶品!
温めたほうが美味しいので、すぐに食べたい気持ちを我慢してお持ち帰りしました。

帰りにスーパーでハーブティーを何箱か購入。
こちらはとてもハーブティーの種類が多くて、あれもこれも試したくなります。
普段仕事をしながらたくさんお茶を飲むので、色々買いだめ!
a0112972_18121497.jpg

あと、ボンヌママンのお菓子の中で、一番大好きな洋梨のタルトレット。
a0112972_18122618.jpg

果物の洋梨も、2種類。
洋梨の形、可愛くて好きだな♪
a0112972_18123695.jpg

軽く夜ご飯を食べて、さっき買ったフォンダンショコラをデザートに。
a0112972_18124428.jpg

ちょっとレンジでチンして温めると…中がとろ~り♪
a0112972_18125233.jpg

ああ、もうほんとに濃厚でとっても美味しい…!!
幸せの塊を食べている感じ。

モンマルトルから帰る時から、ちょっと身体が暑かったんだけど、きっとワイン飲んでポカポカしてるんだわ~と思ったら、鼻がずるずるヤバい感じになってきた。
ああ…これは風邪だわ…。
葛根湯飲んで、ベッドにごろり。
明日も色々行きたい&見たいし、ひどくならないうちにさっと治って欲しい!!


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-03-05 18:21 | France-2016-旅行記 | Comments(2)

2016パリ旅行記8-1 :「昔のバス、カラフルな家の前でネコと戯れ、Made in Parisを見る(10/7-その1)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【8日目(10月7日:その1)】

起きて外を見ると…昨日と違って曇り空で寒そう!
モーで買ってきたブリーチーズも、これで最後。
チーズとクラッカーを食べて、ちょっとゆっくりして10時半に部屋を出ました。

まず向かったのは、プラス・ディタリーのモールの中にあるSNCFのブティック。
昨日、駅の券売機でネットで購入していた列車のチケットの発券ができなかったので、支店でしてもらおうと思って。
駅のカウンターよりも、こういう街中の支店の方が、座ってゆっくりできるので落ち着けます。
入り口で、順番の番号チケットを取って、しばし待つ…。
a0112972_1861897.jpg
10人待ちで、30分ほど待ちました。
日本だと30分待ちって結構長いけれども、海外では早い感じがするのはなぜだろう。
私の順番が来て、購入番号の書かれてるメールをプリントアウトしたものを見せて、購入時に使ったクレジットカードを機械に入れて、PINコードを入力し、無事にチケット数枚を発券してもらった!
これで安心、ほっとした―!

せっかくなので、モール内をうろうろ。
可愛い雑貨屋さんを覗いたり、HEMAで思わず指人形を衝動買い!
何か写真を撮る時の小道具にしよう。
a0112972_187756.jpg

それからメトロで移動して、お昼用にショソン・オ・ポムを買って、リヨン駅のベンチでささっと食べました。
紙に染み込む脂がすごい!
a0112972_1872275.jpg
バターたっぷりな感じの生地に、酸味の効いたリンゴペースト。
この酸っぱさ加減がとても好きな感じで美味しかった♪

次に向かったのは、リヨン駅近くのMaison de la RATP
ここは、パリの公共交通を運営しているRATP(パリ交通団)の本社なんです。
a0112972_1881884.jpg
なぜここに来たかと言うと…ここの1階にかつて使われていたバスが展示されていて、自由に見ることができるから!
吹き抜けになっていて、脇に数台の昔のバスがありました。
a0112972_1883698.jpg

うわ~!このバス、可愛い!!
1910年ごろのものらしいです。
a0112972_1892472.jpg

昔は、バスにも「一等席」「二等席」があって、左右で別れてました。
これは左が二等席で、右側が一等席。
a0112972_1895657.jpg
そして、バスの乗降場所は一番後ろから!
今のバスと、ずいぶん違うんだなぁ。

この古いバスの運転席は、なんと外にむき出し!!
向かい風がすごそう…。
a0112972_18103330.jpg

吹き抜けの向かいから撮ると、こんな感じ。
a0112972_18105978.jpg

時代が新しくなってくると、バスの運転席が囲われてました。
a0112972_18113539.jpg
だんだんと、バスのデザインが四角い箱型っぽくなってきている。
a0112972_18115581.jpg
a0112972_1812828.jpg

このバスは、1930年ごろのもので、リヨン駅とporte de la Muetteを結んでいた路線。
a0112972_18124780.jpg
中もレトロな感じで、素敵だな。
a0112972_18131114.jpg

バスは数台ひっそりと置かれていて、他に見ている人はいなかったので、あちこちから覗き込んだりして楽しかったです。

吹き抜けの反対側には、メトロに関するスケッチがあれこれ展示されていました。
a0112972_18133460.jpg

こういう風に、ささっとスケッチできる画力が欲しい…!
a0112972_18134413.jpg
a0112972_18135384.jpg

また、入り口付近には写真の展示も。
a0112972_18141097.jpg
街中のスナップ、どれもその一瞬を切り取った勢いを感じて、こんな写真を撮りたい!と思うものが多かったです。

せっかくリヨン駅に来ているので、この近くのカラフルな家々が立ち並ぶクレミュー通り(RUE CREMIEUX )に寄ってみることに。
此処には、去年(7/10)に一度来たことがあるのだけど、もう一度カラフルで可愛い家々を見たいなぁ…と思って。
フォトジェニックな小路として、すっかり有名になったこの通り。
去年はなかった、「写真お断り」のマークを付けている家もありました。これを付けてしまうくらい、それほどたくさんの人が写真を撮りに来るんだろうなぁ。
ゆっくり歩きつつ、短い通りを往復しつつ家々を眺めて。
a0112972_18153999.jpg
a0112972_18152834.jpg
ほんと、何度見ても可愛い!

あ…!猫ちゃんが!!
a0112972_18155327.jpg

お家の出入り口の階段で、じっとしてました。
このお家の猫ちゃんなのかな。
a0112972_18163133.jpg

逃げちゃうかな…と思いつつ手を差し出すと、指をふんふんと嗅いだ後は、撫でてとばかりに頭やら顔を手にぐいぐい押しつけてくる!
a0112972_18164139.jpg
可愛い~~と、しばらくモフモフを堪能してました。

それから、メトロで移動して市庁舎付近へ。
BHVでお手洗いに行って、エスカレーターの近くにあったアイスを買ってひと休み。
大好きなスミレ味のアイスにしました。
a0112972_1817591.jpg
まぁまぁ美味しい。
ここのアイス屋さんのシングルは小さくて、値段も2ユーロしなくて安いので、ちょっと喉が渇いて甘いものが欲しい時にピッタリ!

ちょっと疲れがとれて、それから向かいの市庁舎(Hôtel de Ville)で行われている、『Made in Paris』展を見に行きました。
a0112972_18173771.jpg

パリで作られているものが、色々展示されています。
a0112972_18175644.jpg
a0112972_1818792.jpg
楽器や文房具、ビールにバッグ、他にも服やパンやワインなど食べ物、靴、食器などなど…。
BIC(ビック)のボールペンがあったのだけど、これもパリ産なのか!知らなかった!
アイス屋さんについても!
a0112972_18184021.jpg
お店によって、コーンがそれぞれ違ってて面白い。

パリ産のものって、こんなにもたくさんあるんだなぁ。
小さい展示だったけど、ちらほら知っているものが実はパリで作られたものだと知って、とても楽しい展示でした。

出入り口付近には、ブティックがあって、ここでこんなショコラを購入。
a0112972_1819419.jpg
パリの有名な場所が書かれていて、それぞれのデザインがかっこいい!!
チョコを食べた後、それぞれの包みをとっておいて、額装してみようと思います。

さて、そろそろモンマルトルへ移動することに。
今回の旅行のメインの一つでもあり、とても楽しみにしていたモンマルトルのブドウ収穫祭へ向かいました!!


10/7-その2:「念願の、モンマルトルのブドウ収穫祭へ!」へ続きます)


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-03-03 18:25 | France-2016-旅行記 | Comments(0)

2016パリ旅行記7-2 :「最高に美味しいシュケット&マグリット展の不思議な世界(10/6-その2)」


2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【7日目(10月6日:その2)】
「ブーローニュ・ビヤンクール市の30年代美術館へ(10/6-その1)」からの続きです)

30年代美術館を後にし、あたりをちょっとお散歩&パン屋さんを探して。
モノプリでジュースを買った後、ふと向かいを見てみると…ちょうどパン屋さん発見!
ショーケースの中にシュケットがあったので、それを10個2ユーロで購入しました。
店員さん、ものすごくイケメンだったなぁ♪

朝にチーズとクラッカーを食べたきりだったので、お腹ぺこぺこ。
小さい公園があったので、そこのベンチでいただきまーす!
a0112972_2394113.jpg

シュケットというのは、簡単に言うと中身の入ってないシュー生地のみで、上にお砂糖たっぷり乗ってるんです。
a0112972_23102155.jpg
ここのは、他のパン屋さんのよりも結構大きいなぁ…と思いつつ頬張ると、めっちゃおいしい!!
ちょっとしっとりしてて、でも軽くて、今まで食べたシュケットの中で、ダントツナンバーワンの、ものすごく好みのものだった。
手軽におやつでつまめるので、色んなパン屋さんのシュケットを食べたけれども、ここのがめちゃくちゃ美味しい!!!
10個、あっという間に食べちゃった。
Les Co'pains Toqu´sというパン屋さん。
他のものも色々食べてみたいけれども、ちょっと遠いから気軽に買いに行けない…。
食べていると、とことと寄ってきたハトさんに、袋に残ったものをパラパラとお裾分けしてました。
ふわふわで可愛い^^
a0112972_2312851.jpg

スーパーで買ったジュースには、こんなふうに上にカバーがついてました。
a0112972_23124493.jpg
缶ジュースって、どうしても上部の周りの窪みにほこりがたまってる事が多いけど、これならそんなことなくて拭いたりしなくていい!
サボテンの実とオレンジのジュース、さっぱり飲みやすくて、トロピカルフルーツのような味でした。

ネットで予約しているSNCFのチケットの内、e-チケットにできなかった路線のものを、引き出そうと思ってサンラザール駅へ。
マシンに予約番号と予約時に支払ったカードを入れたら発券…のはずなんだけど、何度やってもエラーになる…。
マシンが全て新しくなってるから、その影響で日本のカードが使えないのかな…。
予約&支払いは確実にできているので、これはカウンターで聞いてみた方がいいかもしれない。
駅の窓口は並んでいるので、後日SNCFのブティックに行くことにしました。

ちょっとプリントアウトしたいものがあったので、オペラ座近くのJCBプラザのラウンジに行って、プリントアウトしたり、のんびり休憩したりしてました。
一度椅子に座ると、くつろいでしまうわ。

そろそろ夕方。
どうしようかな…と思って、ポンピドゥー・センター(Centre Pompidou)へ向かいました。
まずは、地下の写真ギャラリーで行われている、Anna Malagridaの「Cristal House」という展示を見学しました。
a0112972_2316192.jpg
手の動きを色々撮ったモノクロ写真。
他には、パリの道をずっと撮影している映像作品などありました。
スクリーンがかなり大きくて、目が疲れてくる…。

地下の別の部分では、展示の準備の最中。
いつから見えるのかな?
a0112972_23161973.jpg

エスカレーターで、上の方へ。
だいぶ日の光が柔らかくなってきた。
a0112972_23263738.jpg

続いて、上の方の階で行われている、「Magritte. La trahison des images(マグリット イメージの裏切り)」展に入りました。
シュルレアリスムを代表するベルギー生まれの画家、ルネ・マグリットの大回顧展です。
このマグリットの展示が見たかった♪
1年前、京都でマグリット展が開催されていて、それを見に行っていたので(日付を調べてみたら、ちょうど1年前の今日だった!!偶然!!)、日本の展示とパリの展示、どんな違いがあるのかな…と楽しみでした。

不可思議な風景や構図のマグリットの絵の数々…。
有名な作品から、あまり知られていないものまで、100点以上の作品が集められた回顧展。
大きく分けて、カーテン、影、文字、炎、肉体の各部といった特徴的なモチーフごとに作品を集めて展示されていました。
a0112972_23312783.jpg

嬉しいことに、ノンフラッシュなら全て写真オッケー!
なので、気になるものをどんどん撮っていった。

まず気になったのは、このピアノと指輪の絵。
本当の指輪の形と、ピアノに映った指輪の形は違ったものになっている。
a0112972_2329962.jpg
ピアノに映った指輪を見ると、決して交わることはない。
現実では交わっていても、心の中ではすれ違って交わることのない…という人との距離を感じた。

キリンが可愛い!
背景がぐるぐる渦巻いていて、吸い込まれそうになる。
a0112972_23292437.jpg

壁の上の方には、マグリットの色々な言葉が。
薄い影の文字が、鏡文字で書かれていてかっこい!
a0112972_23293425.jpg

マグリットの手書きのノートもありました。
思考錯誤のメモの跡が。
a0112972_23294220.jpg

こんなトフィーのポスターみたいなのも描いてたのか。
ドフィーを取り合ってるモフモフ達が可愛い。
a0112972_23295367.jpg

他にも、とにかくたくさんのマグリットの作品があしました。
青色が綺麗で、素敵な色なのだけど、すとんと奥のない深さを感じて、ちょっと怖くなる感じ。
a0112972_23301739.jpg

日本の展示で見ていたのもあるけど、圧倒的に見たことのないものが多かったです。
a0112972_2330268.jpg

絵と、それのオブジェ。
a0112972_2330334.jpg

一番惹かれたのは、この絵。
見ていると、色々な考えが浮かんでくる…。
a0112972_23305349.jpg

マグリットの、謎めいた不思議な世界。
とても堪能できました。

最初は比較的すいていたのだけど、ゆっくり見ていて時間が経ってくると、ものすごい混雑に!!
ひと通り見てから、まささっと最初から見て歩いていたのだけど、人でいっぱいになっていました。
展示を出たところにあるショップで、カタログとポストカードを購入。
a0112972_2331497.jpg

1階のミュージアムショップにも、色々とマグリットのグッズが売られてました。
a0112972_23335048.jpg


テラス部分に出ると、もう夕日が見えないところに…。
日の入りの時間を調べていて、夕焼け空を見に、テラスに出る予定だったけど、思いのほかマグリット展をゆっくり見ていたら、もう日は沈んだ後。夕日には10分くらい間に合わなかった…。
でもかなり綺麗な空の色だったので、たくさん写真を撮ってました。
雲があるから、それに色がついてとても綺麗♪
a0112972_23322699.jpg
a0112972_23323285.jpg

暗くなってからは、今度は常設展(現代アート)の方を見て回りました。
4日前の、第一日曜の無料の時にここに来た時は、寒さでお腹痛くなって全然見られなかったので、今日はさっと全部見ていきました。
とにかく広い!
和紙のようなものをシャンデリアに貼っていて、繭みたいになってるランプ。
灯りがほんわかしていて優しい。
a0112972_23343890.jpg
a0112972_23351546.jpg

こちらは大きなシャンデリア。
影が綺麗。
a0112972_2335061.jpg


片隅で企画展が行われていて、そこにはダリの絵も。
a0112972_23353143.jpg
a0112972_23353957.jpg

この近代美術のほうは、2つの階にまたがっていて、上から下の階へという順なのだけど、下の階の方が結構今までと違っていて、コンテンポラリーの企画展が多く行われていました。
ひとつだけ、写真NGのところがあって、小さいミニチュアの模型がずらっと並んでて可愛い♪
紙でできた家とか、草のつくりとかが可愛いし、淡い色で作られていて、ほんと可愛かったなぁ。

色々見ていたら、閉館時間の21時!
部屋に帰り着いたのは、21:50でした。お腹すいた―!!
帰ると、ちょうどお部屋の人が「ご飯もう食べた?クスクス作ったけど食べる?」と声をかけてくれました。
部屋着に着替えている間に、温め直してくれて嬉しい!!
すごい!ソーセージとか、野菜がたくさん!!
a0112972_23362678.jpg
この、フムスという小麦で作られた粒々を混ぜて、いただきまーす!
a0112972_23363411.jpg
a0112972_23364575.jpg
ピリ辛で、食欲がわいて、ものすごく美味しい!!
ちょっと量が多いかなと思ったけれども、お腹がぺこぺこだったので、いつの間にやら全部食べてしまいました。
ふぅ、美味しくて大満足です♪
デザートに、ボンヌママンのチョコタルトをつまんで。
a0112972_23374167.jpg
ダークチョコが濃厚で美味しい!
ボンヌママンは、ほんとどれも美味しい♪
今日たくさん撮った写真の整理をしていたら、あっという間に夜が更けていきました。


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-02-21 23:50 | France-2016-旅行記 | Comments(0)

2016パリ旅行記7-1 :「ブーローニュ・ビヤンクールの30年代美術館へ(10/6-その1)」


2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【7日目(10月6日:その1)】

今日も、チーズとクラッカーの朝食。
モーの街で買ってきたブリーを、大切に食べてます。
a0112972_18252998.jpg

青空が広がっているけれども、窓を開けたら空気が冷たい!
昨日の事もあるし、今日はジャケットを着て外に出ました。
ちょっとゆっくりめに出発。
パリの西郊外、ブーローニュ・ビヤンクール市にある、30年代美術館(Musée des Années Trente )1930年代のこの地域を象徴する、芸術作品や産業品などを中心に展示しているという、珍しい美術館です。
この年代は、産業と文化が隆盛を迎えていたのだそう。
ランドウスキー・センター(L'Espace Landowski)という文化集合施設の中にあって、他にこの建物には図書館や映画館などが入っています。
a0112972_18275535.jpg

建物のエントランスを入って右奥の方に、美術館への入り口がありました。
a0112972_18284764.jpg
0階(日本の1階)の吹き抜け部分には、かなり大きな彫刻が。
30年代は、建物をこういう大きな彫刻で飾ることが多くて、それのものらしい。
a0112972_1829291.jpg

まずは、エレベーターに乗って4階(日本式5階)へ。
「ブーローニュ・ビヤンクールのアートとインダストリー」の展示がされていました。

ル・コルビュジエによる寝椅子、この絶妙な角度がすごいなぁ。
毛皮が敷かれてあって、肌触りもよさそうだし、これに座って本を読んだら…気持よくてあっという間に眠りに落ちそう。
a0112972_18301363.jpg

30年代の建築物の模型ももいくつか。
今もこの市に数多くの30年代建築が残されているらしいです。
a0112972_18303245.jpg

シンプルでスタイリッシュな、当時の家具がたくさんありました。
a0112972_18305014.jpg

鉄とガラスでできたついたてが、ものすごくかっこいい!
a0112972_1831028.jpg

こちらも素敵。
完全に左右対称でなく、鹿のちょっとした向きの違いが、無機質な感じに動きを出してます。
a0112972_1831819.jpg

サロンが再現されてました。
すっきりとして、無駄のない感じ。
a0112972_18313234.jpg

ランバンの香水瓶もありました。
コロンとした黒色に、ゴールドのロゴが生えててオシャレ!
a0112972_183149100.jpg

とても可愛いROBJ(ロブジュ)の陶器の入れ物。
どちらも素敵だなぁ。
特に、女性のドレスの袖口が、ふわっと広がっているところが、丁寧に作られてるなぁと思います。
a0112972_18315895.jpg

階段を降りて3階へ。
まず、動物をモチーフにした作品がありました。
ライオン、堂々としていて神々しいです。
a0112972_18321325.jpg

絵画が色々あり、André BEAUDIN が描いた「L'Oeuf à la coque」の絵がすごく好き。
“半熟卵”というタイトルで、曲線を多用した優しい色遣いで、静かで心地よい朝の雰囲気を感じる。
a0112972_18322328.jpg

宗教芸術のコーナーには、ナビ派のモーリス・ドニのフレスコ画や絵が(両端のもの)。
a0112972_18324085.jpg
昨日行った、サン=ジェルマン=アン=レーにモーリス・ドニ美術館があって、昔訪れた時にゆっくり見て回ってました。
ドニの絵の感じも、とても好きな雰囲気と色使いです。

この階には他にも、植民地政策を通じて産まれた「コロニアルアート」の絵画や彫刻などのもありました。
とても力強い空気だった!

また階段を降りて、2階の「ネオ・クラシックと詩的レアリズム」、「エコール・ド・パリ」のフロアへ。
Sarah Lipskaの「Femme en rose」にとても惹かれました。
a0112972_18325849.jpg
何て素敵な色使い!!
ここから、エントランス部分が見渡せる窓がありました。
展示が行われてるので、あとで見てみよう!
a0112972_18333313.jpg

天井まで高さのある、とても大きな衝立。
スポーツをする人、踊る人、お喋りする人など…休日の様子が描かれていて、のんびりした気持ちになります。
a0112972_18392529.jpg
絵ではなく、はめ込み細工になっていました。
a0112972_18394242.jpg

本当にたくさんの見どころがある、30年代美術館。
この時、私以外に見学者がいなくて、貸切状態!
ところどころに座っている、美術館の人に「ボンジュール」と挨拶をする以外は、シーンと静まり返った部屋で、ゆっくり邪魔されることなく見て回れました。
パリ郊外の小さい博物館や美術館って、人が少なくて落ち着けるから大好きです。
ビヤンクール市にある、いくつかの美術館&博物館をまとめて紹介しているパンフレットを貰ったので、またいつか見て回りたいです。

上階から見えていたエントランス部分の展示へ向かいました。
一つは、Albert Kahn(アルベール・カーン)についての展示。
a0112972_18401732.jpg
アルベール・カーン美術館のお庭の改装工事が行われているので、それに関連しての展示かな?
リニューアルの様子のパネルも何枚かありました。

もう一つは、Graziella Mazzoleni-Henryというアーティストの企画展。
色々なポーズの像やデッサンなど。
a0112972_18403425.jpg
また、ペンギンや犬人間(?)も。
ペンギン、可愛い♪
a0112972_18405085.jpg
a0112972_18405865.jpg

そろそろ14時を回ってお腹が空いてきたので、お散歩ついでにパン屋さんを探すため、この場所を後にしました。

10/6-その2:「最高に美味しいシュケット&マグリット展の不思議な世界」へ続きます)


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-02-20 18:45 | France-2016-旅行記 | Comments(2)

2016パリ旅行記6-2 :「夕方、2つの写真美術館で刺激を(10/5-その2)」


2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【6日目(10月5日:その2)】
「オスカー・ワイルド展と、行ってみたかったショコラのお店(10/5-その1)」からの続きです)

サン=ジェルマン=アン=レーからパリに戻ってきて、サン・ポールへ。
あ!HEMA(ヘマ)ができてる!!
オランダの雑貨屋さんで、日用品とかお菓子も色々売ってて、とても可愛いし見てるだけでも楽しい♪
三角定規と分度器が一緒になってる物を買いました。
使いやすそう。

その近くに、素敵なストリートアートが!
a0112972_23185113.jpg
ドアに描かれたキリン、とっても可愛い!
お店のウィンドーは、お店の人が頼んで描いてもらったのか、そうではないのか…どうだろう。
とても有名なストリートアーティスト、MissTicによるものだし、絵を扱ってるお店だから、お店公認なのかな…。

水曜は、サン・ポール駅近くのヨーロッパ写真美術館(La maison Européenne de la Photographie)が、17時以降無料だからいつも行くのだけど、何だかいつもと様子が違う。
みんな入る時に、受付でお金払ってる…。
??と思って見渡すと張り紙があって、今までずっと行われていた水曜の夕方の入場無料は、もう行ってないのだって。
えー!!いつの間に…。
でも、とても見たい写真展示だから、中に入ることにしました。
a0112972_23324049.jpg

いくつか展示が行われていて、まずは、Paolo Titoloという写真家の、「TRANSLÚCIDAS」という展示室へ。
トランスジェンダーの人たちのポートレートでした。
どれも大きい写真で、色が鮮やか。
顔はしっかりとメイクアップしているけれども、上半身は衣をまとっていなくて、それぞれの胸の下には、豊胸手術した跡がくっきり見えます。
まるで彼女たちの心の内を貫くかのよう。
そんな写真家の視線と、見つめ返す彼女たちの間の緊張感のようなものも漂っていました。
華やかに飾り立てた彼女たちの心は、何を表しているのか…色々考える写真の数々。
どの人も視線がとても強くて、「これが私」と言っているようでした。

次の展示は、GOTSCHOの「REMIX
写真に布などを貼り合わせたものや、音をながしていたりと、独特の雰囲気の展示でした。
何だか、ショーを観ている感じ。
a0112972_23235470.jpg

それから、Martin d’Orgevalの「Revoir
窓を題材としていて、窓そのものを撮っていたり、いくつかの額縁をくっつけて、一つの窓のようにしたものだったり。
a0112972_2325834.jpg
全ては見えるけれども、本質的な意味は不透明で隠れている…ということらしい。
見ている人に、「これは何でしょう」と問いかけているような展示でした。

いよいよ見たかったHerb Ritts(ハーブ・リッツ)の「En pleine lumière
一番大きい展示でした。
a0112972_2326456.jpg
光とハーモニーを大切にしている写真の展示で、、ファッションフォトも多かったです。
友人のリチャード・ギアを撮った写真が有名になったきかっけで、マドンナとも友人で彼女の写真も数多く撮ってるフォトグラファー。
光が当たった肌、影になった肌、どちらもすごく綺麗に撮影されてる。
引き締まった体、モノクロ写真で表現されると本当に素晴らしい。

有名人のポートレートも数多くあり、リチャード・ギアやデビット・ボーイ、マイケル・ジャクソン、ニコール・キッドマン、マドンナ、トム・クルーズなどなど…。
どれも見入ってしまう。

かっこいい写真の数々の中に…一枚おや?というものが。
スキンヘッドの黒人の横顔の写真なのだけど、何故か頭に「タコ」が。
かつらのように、ぺたりとタコが頭に貼りついている。
タコも黒く写っているので、最初は分からなくて、ちょっと変わったドレッドヘアと思ったのだけど、ひとたびタコだとわかると、コント写真のようにしか見えない。
なぜ、タコなんだろう…。

アフリカで人々や動物を撮ったシリーズもあり、二匹のキリンが首を交差させている写真がすごく印象的。
そうか、こうやってキリンを撮るのか…と衝撃的。
パリ動物園でキリンをちょうど撮っていて、なかなかかっこよく撮れなかったので、自分との撮り方の違いに色々と勉強になりました。

100点以上のモノクロ写真。
モノクロのゼラチンシルバープリント、とても綺麗でした。
あとで、ショップでいくつかポストカードを購入しました。
a0112972_2326342.jpg


結構疲れてきたけど、残っている展示へ。
Ryan Arbiloの「Chicken hands
パリで働くフィリピン人の掃除婦たちの手を撮ったシリーズです。
椅子に座った体制で膝に手を置き、それをしたから煽るように撮られた手は、タイトルの通り鶏の手に見える。
大きく写された手は、がっしりぶ厚くて働く人の手でした。

Anne Claverieの「ONDE
木をモチーフとした大きい写真2枚と、オブジェが一つの展示でした。
写真は、木の部分を切り分けて、だんだんと高さが出るようにずらして重ねられて、コラージュされていました。
こういう表現も面白い。

Hélène Lucien と Marc Pallainによる「Fukushima
最後に行った地下の展示。
日本の震災がテーマになったものでした。
レントゲンのような写真は、何を写しているのかよくわからなかった。
ものすごくデコった放射線測定器を、色々な人に持ってもらったポートレートとか。
彼らはビジュアルアーティストらしいです。

全部で2時間弱くらい見て回ってました。
もうちょっとゆっくり見たかったけど、そろそろ19時近い。
今夜はもう一つ展示を見に行きたかったので、そちらに向かうことにしました。

アンリ・カルティエ・ブレッソン財団(Fondation Henri Cartier-Bresson)、水曜は18:30から無料&20:30まで開いているので、ここもいつも来るところです。
ここも、いつも写真の企画展が行われていて、今はLouis Faurer」というフォトグラファーの展示でした。
a0112972_23305196.jpg
アメリカの写真家で、主としてファッションフォト、ストリートフォトで活躍したらしいです。
今回の展示では、ストリートスナップが多かったです。
フィラデルフィアやNYで撮られた、モノクロのストリートフォト。
映り込みを映しているのもいくつかあって、何か物語を感じます。
全体でなく、切り取った感じが余計にそのように感じさせるのかも。
こういうの、すごく好きだなぁ。

外に出ると、建物が灯りで綺麗に浮かび上がっている。
a0112972_2331168.jpg
ここから駅に向かう途中、カルフールがあったから、何か買おうかな…と中へ。
ハーブティーとボンヌ・ママンのレモンタルトレットにしました。
このリンゴ&シナモンのハーブティ、香りが良くて大好き♪
a0112972_23312558.jpg

いつも帰ってくるのが21時過ぎ。
ちょっと体力つけなきゃ…と、トリップの缶詰を開けて、そこにトマトとパプリカを加えて温めました。
トリップ(もつ)、本当に好きだわぁ。
a0112972_23313767.jpg

夜ご飯作って食べたら、あっという間に22時半。
今日買った、Pascal Le Gac(パスカル・ル・ガック)のショコラ。
a0112972_23315719.jpg
a0112972_2332826.jpg
今いくつか食べようか、どうしようか…と思ったのだけど、疲れて味覚がちゃんと働かなさそうなので、ぐっとこらえて写真を撮るに留めておきました。
板チョコは日本に持って帰ってゆっくり味わうので、ボンボンショコラだけ明日にでも食べよう。
シャワー浴びて、日記書いて…時間があっというまに過ぎて足りない!


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-02-17 23:36 | France-2016-旅行記 | Comments(0)

2016パリ旅行記6-1 :「オスカー・ワイルド展と、行ってみたかったショコラのお店(10/5-その1)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【6日目(10月5日:その1)】

チーズとクラッカーの朝食を済ませて、外を見てみると…すごくいいお天気!
ちょっとゆっくり目に部屋を出て、プティ・パレ(Le Petit Palais)へ向かいました。
a0112972_22392255.jpg
a0112972_22393072.jpg

目的は、ここで開催されている、「Oscar Wilde, l’impertinent absolu(オスカー・ワイルド、純然たる無礼な男)」展。
フランスで初めての、ワイルドの回顧展らしいです。
a0112972_2240348.jpg
a0112972_224127.jpg

オスカー・ワイルドって、名前はすごくよく効くけれども、幸福の王子とサロメくらいしかぱっと思い浮かばなかったから、昨日Wikiでさらっと読んでおいたので、流れはだいたいつかむことができました。
アイルランドで産まれて、パリで没したんですね。  



彼が影響を受けたり、親交があった画家たちの絵も展示されていました。

手書きの原稿などもたくさんあったのだけど、字がかなりクセが強くて読めない…。
単語間をものすごくスペースを空けているので、これ、ぎゅっと詰めて書いたら、紙の3分の1くらいにおさまるだろうなぁと思った。
名言、格言が壁のあちこちに書かれていたのがかっこいい。
ポートレートもあって、ものすごくポーズ決めて写ってる写真がずらり。
衣装や小物やポーズ、かなりこだわった感じが漂うものが多かったです。

戯曲『サロメ』の部屋には、サロメを題材にした絵画や、挿絵がたくさん。
ジャン=ジャック・エンネルによる、サロメの絵があって、引き寄せられました。
何年か前に、ジャン=ジャック・エンネル美術館に行ったことがあり、好きな感じだな…と思っていた画家です。
このサロメの絵も、肌など柔らかい雰囲気なのだけど、暗い妖しさが漂っていてすごく好き。
他に、ビアズリーによる挿絵があって、壁一面にずらりと並べられてました。
一気にすべて見ると壮観!

このサロメの部屋では、床に映像が映し出されていて、3つの時代の違うサロメの映画の中の、踊りのワンシーンが流されてました。
時代によって、雰囲気が違っていて面白い。
サロメは、あらすじは知っているけれども読んだことがないので、これを機会に読みたいな。
耽美的な世界だった~。

オスカーは、男色の嫌疑をかけられて投獄されていたのだけど、そのいきさつを描いたものも展示の後半にあった。
最後は寂しい感じだったな…。
部屋ごとに時代を区切っていて、わかりやすい展示だったし、彼の本にまつわる絵とかかなりたくさんあり、見ごたえがありました。
解説、英語でもあったらなぁ。
最後にショップで、展示の小冊子とポストカードを購入しました。
a0112972_22412999.jpg

中庭のにでて、回廊をぐるっと散歩。
ここの雰囲気は、静かで本当に素敵♪
a0112972_22421066.jpg

常設展のほうを見てみると、一部で何やら設置中。
以前来た時より、何だか広くなっていて、壁も塗り直されて綺麗になってました。
a0112972_22423772.jpg
a0112972_22424524.jpg

常設展の中でお気に入りはいくつかあるけど、一番好きなのは、このエミール・ガレの花瓶。
色がものすごく綺麗で、色んな角度から眺めてました。
a0112972_22425539.jpg

プティ・パレを後にして、RERに乗って30分ほど、パリ郊外のサン=ジェルマン=アン=レー(Saint-Germain-en-Laye)に向かいました。
13:30頃について、まずはお昼ご飯。
前に食べて美味しかったパン屋さんで、トマト&クレソン&シェーブルチーズのサンドにしました。
ちょっと温めてくれたのを持って、お城のお庭で頂きまーす!
a0112972_22434757.jpg
パンには、ケシの実がたっぷりでぷつぷつして香ばしい!
そして、シェーブルチーズが、ものすごくたっぷり入っていて、このチーズ量はすごい!
ものすごく美味しかったのだけど…寒い!!
せっかく温めてくれたパンだけど、風が冷たくてすぐに冷めてしまった><
いいお天気で、日向ぼっこしながら食べていたのだけど、風がすごく強くて冷たくて、食べ終わる頃にはものすごく寒くなってきた。
パリ市内はこれほどじゃなかったから、ジャケットのかわりにカーディガンを2枚重ねてたのだけど、これは冬のコートでもいいくらい。

身体が冷え切っていたので、動いて温まろうと思って歩くことにしました。
テラスの下には、ブドウ畑が。
a0112972_22445366.jpg
実はすでに収穫されたみたいで、見えませんでした。
a0112972_2245335.jpg

遠くには、パリのエッフェル塔が小さく見えたり(右手)、ラデファンスが中央に見えます。
a0112972_22451031.jpg

展望台のあたりまで来て、この風吹きすさぶ中を歩いても、あまり温かくならない…と思って、引き返すことにしました。
a0112972_22452114.jpg
今度は、お庭の木が生えているほうを通って。
a0112972_22453559.jpg

風さえなければ、ものすごく暖かいのに!!
a0112972_22454555.jpg

お城は、今では考古学博物館になってます。
この博物館から、ラスコー展で展示されていた石器が結構たくさん貸し出されてましたよ。
a0112972_22455546.jpg

改修工事が行われていて、外壁が前はもっと黒ずんでいたのに、すごく白く綺麗になってる!!
a0112972_2246373.jpg

このサン=ジェルマン=アン=レーは、何度か来たことがあって、お城や、美術館とかはもう見ています。。
今回の目的は…チョコ!!
日本のバレンタインの時に気になってたチョコのお店、Pascal Le Gac (パスカル・ル・ガック)」の店舗が、この街にあるんです!
お店はここにしかなくて、日本にはバレンタイン時期に催事に出店してるのみ。
お店の前は、何度か通ったことがあるのに、何で今まで一度も入らなかったんだろう!
a0112972_22473396.jpg

ショコラの香りでいっぱいの店内。
バラ売りで、気になるショコラを袋に入れてもらいました。
9つ買ってなんと6ユーロ(750円くらい)。安い!!安いよ!!!
(ちなみに、日本でバレンタイン催事で買ったら、箱入りで6個だと2700円!!)
あと、ノワゼットの板チョコも美味しそうだったので買いました。
持って帰る時に落として割れてしまった…><
食べるのがすごく楽しみ♪

街中は風が建物でさえぎられてるので、歩いていたらだんだん身体が温まってくる。
おやつに、この街で美味しいというアイスのお店、「La Fabbrica de Luca」に行ってみることにしました。
色々あって迷ったけど、ミルフィーユ、フランボワーズ、塩キャラメルの3種類をチョイス。
店内にちょっと食べるスペースがあったので、そこでゆっくり食べてました。
a0112972_22492827.jpg
生クリームが入ってるかのような、すごくふんわりした感じで美味しい!

目的は果たしたし、適度にお散歩もしたし、とにかく寒いのでパリに戻ることにしました。
RERからメトロに乗り換える時、構内でストール屋さんがあって、首に巻いてる薄手のスカーフでは今後も寒いな…と思って、もうちょっとしっかりしたスカーフを購入。
これで首元があったかい♪
a0112972_22494041.jpg

今日は本当に、服選びに失敗してしまった…><


10/5-その2:「夕方、2つの写真美術館で刺激を」へ続きます)


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-02-16 22:54 | France-2016-旅行記 | Comments(0)

2016パリ旅行記5-2 :「ガリエラ宮で衣装にうっとり…&色んな場所からエッフェル塔を(10/4-その2)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【5日目(10月4日:その2)】
「映画と高級写真館のフォトブース、灰色ケーキを(10/4-その1)」からの続きです)

ケーキを食べた後、ガリエラ宮のお庭を見ながらちょっとゆっくり。
a0112972_2134869.jpg

このお庭からも、エッフェル塔を眺めることができます。
a0112972_21335422.jpg
このガリエラ宮は、パリ市立モード美術館になっているので、お庭に置かれているオブジェも、何だかおしゃれ♪
これらのオブジェ、去年はなかったと思う。
今日は、New Petzval(ペッツバール)58 Bokeh Control Art Lensを持ってきているので、レンズを付け替えて撮ってみました。
a0112972_21343243.jpg
a0112972_21344210.jpg
きゅっと中心に引き込まれるような、ぐるぐるボケ。
どういった場所で撮るのがいいのか、まだまだテスト段階です。

それから、中で行われている企画展、「Anatomie d'une collection(コレクションの解剖学)」を見に行きました。
a0112972_2136589.jpg
18世紀から現在までのモードの歴史の中で、誰がいつ着たのかという点に注目した展示になっています。

最初の部屋では、時代が古いものの展示でした。
マリー・アントワネットのコルセット、ルイ17世の子供の時の服、ジョゼフィーヌが着たドレスなどなど。
18世紀ごろのものなのに、どれも保存状態がすごくよくて驚きでした。
とても豪華な刺繍が施されているジャケットやドレスもあり、とても煌びやか。
この部屋で一番引き寄せられたのは、クジャクの羽根がびっしりとあしらわれたマフ。
筒型になっていて、中に手を入れて温める物です。
ナポレオン1世の姪のマチルドのものなのだって。
羽根の色がとても美しくて、とてもゴージャスでした。

奥の部屋は、シャネル、ジバンシー、クリスチャン・ディオールやイヴ・サン・ローランなどの衣装がメインでした。
それぞれの衣装に、誰がその服を着たかの説明が書かれているのだけど、全てフランス語だから詳しい事まではわからず…><
おかしな帽子があって、近づいて見てみたらダリがガラのために作ったものでした。
靴が帽子になってる!!
何てユニークなんだろう!
他にも、ジバンシーが手がけた、オードリー・ヘップバーンの帽子がずらりと並んでいて、素材がいろいろでどれも可愛い!
ブリジッド・バルドーが映画の中で着た赤いドレス、ウエストがきゅっと締まってて、とても素敵でした。

最後はファッションショーの衣装みたい。
変わってたのが、ウイッグのみで作られた服!
毛足の長いウィッグと、短いウィッグを組み合わせて服を作ってしまうなんて…真似のできない想像力です。
写真が全面禁止だったので、目に焼き付けるように一つ一つじっくり見ていったら、2時間ほど経ってました。
簡単なカタログを購入。
この表紙のが、ダリの靴帽子です。
a0112972_21364572.jpg

展示の様子は、↓の紹介動画に、見どころがぎゅっと詰まってます!



また、この美術館と展示を詳しく取り扱ってる番組を見つけました。



ああ、フランス語が分かるようになりたい…。

とてもいいお天気なので、エッフェル塔が見える位置までお散歩。
a0112972_21372098.jpg
a0112972_21373245.jpg
良くこのメリーゴーランドとエッフェル塔の組合せの写真を目にするのだけど、このまわり、賭け事(3つのコップのどこにコインがあるか…みたいな)に観光客を誘うグループがわんさかいて、掛け声がすごくてかなり落ち着かなかった…。
スリもすごくいそうな感じだし、さっと撮ってすぐ離れることにしました。

それから、メトロに乗って、ギャラリー・ラファイエットの近くのモノプリへ。
大好きなラベンダーの板チョコをとエコバッグを購入しました♪

いいお天気だし、夕日を撮ろうかな…と思って、初夏にいつも夕日を撮るポイントに行ったのだけど…え?夕日は何処??
日が落ちる場所が、初夏とかなり違ってて、建物にさえぎられて夕日が全然みえない!
季節によってこんなにも違うのかと、びっくりでした。
今日は雲も綺麗だったし、撮りたかったんだけどなぁ。
a0112972_2139949.jpg

空を見上げつつあちこち行って、そろそろ19時半で暗くなってきてるし、戻ることにしました。
通勤ラッシュの時間で、メトロがものすごく混んでる…><
メトロ構内に、ちょうど明日行こうと思っていたオスカーワイルド展のポスターが。
a0112972_21392854.jpg
額縁っぽいタイルの中に貼られていて、こういうのいいなぁ。

アパート近くには2つスーパーがあって、今日は時間もあるし広いほうのAuchanに寄ることにしました。
1階(食料品)と2階(日用品)に分かれてて、ものすごく広いです!
ヨーグルトやお気に入りのボンヌママンのリ・オ・レとフォンダンショコラ、ハーブティーやポテチ、野菜などなどを。
お肉コーナーで、大好きな牛の骨髄があったのだけど、これ、ビストロでは何度も食べたことがあるけど、調理の仕方が分からないので我慢、我慢。
かなりうろうろ見て回って、すっかり遅くなってしまった。
去年、レジが激混みでひどい時は20分並んだりしててうんざりだったけど、今日は比較的早かった感じがする。

21時ごろ部屋に帰って、さっと超手抜きご飯を。
レトルトの大麦が残ってたので、それにトマトとアンディーブを加えて、レンジでチン!
a0112972_21394897.jpg

部屋のテラスから、身体をぐぐっと右に乗り出すと遠くにエッフェル塔が見えるので、寒さをこらえてさっと写真を撮って。
右のモンパルナスタワー、今はピンクリボン運動期間なので、ピンクのライトがついてます。
a0112972_21395988.jpg

今日、スーパーで買ったものがこちら。
a0112972_2140114.jpg
ヨーグルトは、日本ではあまり売っていない、ヒツジのミルクで作られたもの。
モノプリのエコバッグ、パリの模様のが持ってるのとは違う、新しいバージョンが売っていたので、これは手に入れなければ!と。
a0112972_21402873.jpg
このモノプリエコバッグ、全体的に前の1.5倍の値段になってて、エッフェル塔の模様のだけ、他のよりさらに高い値段設定になってる。

うつらうつらしながら、日記帳に今日の出来事を書き留めて。
毎回、夜に書いてしまうのがいいのか、次の日にちょっと早く起きて書くのがいいのか迷うのだけど、朝はゆっくりしたいので、眠い目をこすりつつ書いてます。
夜の3時くらいに目が冴えてくるのは、時差ボケなのかな…。


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-02-13 21:44 | France-2016-旅行記 | Comments(2)

2016パリ旅行記5-1 :「映画と高級写真館のフォトブース、灰色ケーキを(10/4-その1)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【5日目(10月4日:その1)】

今日の朝ご飯は、riz au lait (リ・オ・レ)。
お米を甘く炊いたデザートで、この間スーパーで購入していたものです。
これを食べると、ああ、フランスだわぁ…という気持ちがわいてくる。

まず午前中の内に映画を見に行きました。
午前中だと、料金がお安いのです♪
向かった映画館は、ビブリオテーク・フランソワ・ミッテラン駅近くのMK2。
ここのシネコン、座席は広いし綺麗だし、あまり人もいないしお気に入り♪
毎回パリ滞在中は、一度はこの映画館に映画を見に来ます。

今日見たいのは、『Cézanne et moi』という映画。
いつもの入り口には、この映画の表示がない…。
あれ?昨日時間を確かめたけど、急遽取りやめ?と思ってよく見たら、別館のお知らせがあって、そちらの方でした。
すぐ近くの地下に別館ができてた。いつの間に!
チケットを買って中に入ると、まだ朝10時だからか、誰もいない…!
a0112972_18493960.jpg
座席、ふわふわだし広いし、座り心地は最高♪
a0112972_1850165.jpg
わーい、貸切だわ♪と思ってたら、映画が始まる直前に二人入ってきた。
その人たちは後ろの方に座ったので、私の前には誰もいなくて視界もすっきり。

映画は、画家のポール・セザンヌと文筆家のエミール・ゾラのお話。
少年時代に二人が出会ったころから、二人が絶交に至ったころまでのことを描いてました。



セザンヌって、かなり気性が荒い人だったのね…。
フランス語なので、ほとんど分からなかったけれども、映像から何となく流れをつかんでました。
この映画、日本で公開されたら見に行きたい!

見終わった後、お手洗いに行ったのだけど…なんなの、この広さ!!
これで一人の個室。あまりの広さに、思わず写真を撮ってしまった(笑)
a0112972_18511622.jpg
ドアから便器まで、遠すぎる!
これ、区切って3~4個くらいの個室に何でしなかったんだろう。

すっきりしたところで、チャレンジしてみたかった事をしました!
ここのシネコンには、フランスで有名な写真館「スタジオ アルクール パリ(Studio Harcourt Paris)」のフォトブースがあるんです!
a0112972_18522751.jpg
1回10ユーロの高級証明写真と言った感じ。
高級写真館では実際には撮影できないから、これでぜひとも一度撮ってみたいと思ってました。
カラーではなく、モノクロの写真が撮れます。
赤くて分厚いカーテンを閉めて、ドキドキしながら10ユーロ札を入れてスタート。
真上からのスポットライトで陰影が作れるので、いい感じに顔に当てて撮影したいのだけど、何と言ってもあまり凹凸のない日本人。
ちょっとでもかっこよく光が当たる位置を、もじもじしながら探してるとあっという間に撮影。
あれよあれよと終了し、プリントされたものが出てきました。
a0112972_18532625.jpg
薄めのメイクだったのだけど、もっとがっつりメイクでもよかったなぁ。
そのまま、ごまかしなし&ありのままが写される。
2Lサイズのモノクロ写真の右下には、アルクール(Harcourt)の『H』ロゴが入ってて、かっこいい。
ポーズを変えて色々撮ってみたいなぁ。
独特なライティングのモノクロ写真、なかなかいい体験ができました♪

お昼すぎてかなりおなかペコペコなので、お昼を食べることに。
サンラザール駅でメトロを降りて、可愛いマクドの前を通り過ぎて…。
a0112972_1914798.jpg
PAULでバゲットサンドを買って向かったのは、ギャラリー・ラファイエットの屋上!
とってもいいお天気だから、青空のもとでご飯を食べたくて♪
数年間、この屋上は人工芝が敷かれてて、赤や白のソファーが置かれていたのだけど(その時のブログ)…それらがなくなっていて、板張りになってた!!
いい雰囲気だったから、残念だなぁ。
a0112972_18544256.jpg

座れるところを見つけて、いただきます!
カマンベールのバゲットサンドで、ゴマがたくさんまぶしてあって香ばしい!
a0112972_1855483.jpg
チーズもかなり厚切りで、美味しくてぺろりと平らげちゃいました。
陽射しが強い!!!
オペラ座や、エッフェル塔などを見渡して。
a0112972_1856442.jpg
a0112972_185691.jpg

中のドーム部分は、今はこんな飾り付けがされてました。
中華っぽい墨絵のような感じのが描かれてる。
a0112972_3421565.jpg


デザートがてらケーキを食べたくて、メトロに乗ってお目当てのパティスリーへ。
『La Pâtisserie Cyril Lignac (パティスリー・シリル・リニャック)』の、16区の方のお店に行きました。
建物は工事中だったけど、お店は開いてました!
a0112972_18591783.jpg
ずっと前に辻仁成さんのツイッターで見かけた、「Équinoxe(エキノクス)」と言うケーキを食べてみたかったんです。
ババ・オ・ラムも食べたかったけど、まだそれほどお腹が空いてなかったのでエキノクスだけに。
店員さん、とっても優しい感じで、お店の中の写真も何枚か撮らせてもらった。
どれも美味しそう!!
a0112972_1858209.jpg

a0112972_18583219.jpg
パンも色々ありましたよ。

箱に入れてもらったケーキを大事に持って、近くのガリエラ宮パリ市立モード美術館のお庭のベンチへ腰かけて。
a0112972_18594443.jpg

エキノクスは、丸い灰色のケーキ。
a0112972_190659.jpg
こんな色のケーキ、見たことがないしどんな味なんだろう…って気になってたんです。
équinoxeは、夜と昼の長さが同じ「昼夜平分時」という言葉らしい。
この灰色がどうなっているのか知りたかったのだけど、とても薄くてパリパリしてました。
チョコかな?
塗ったというより、吹きかけた感じ。
a0112972_1911534.jpg
中はバニラムースで、さらにその中にはキャラメルが!
口の中でとろけて、とても美味しい!!
名前も味も、素敵なケーキでした^^

10/4-その2:「ガリエラ宮で衣装にうっとり…&色んな場所からエッフェル塔を」へ続きます)


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-01-12 19:06 | France-2016-旅行記 | Comments(0)

2016パリ旅行記4 :「ストリートアート散策と、2回目の動物園へ!!(10/3)」

2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*
****************

【4日目(10月3日)】

午前中は映画に行こうかと思っていたけれども、パリに着いてから連日あちこち出歩いてるし、昨日冷えてお腹痛かったし、午前中はゆっくりしてました。
ゆっくり起きて、クラッカーとチーズを食べつつ、のんびり。
外はすっきり青空で気持ちよさそう!

お散歩したいなぁ…と、ビュット・オ・カイユでうろうろすることにしました。
ここはストリートアートが多いので、何度か撮りに来たことがあってだいたい分かるので地図なしでものんびり歩ける。
以前のストリートアートが残っているところあるけど、結構新しく書き換えられているのが多かったです。
カラフルなイラストちっくなものが、今までより断然増えてる…。
a0112972_0273988.jpg

↓の壁、去年はかなり好きな感じのだったけど、全て塗り替えられてた…。
a0112972_0275588.jpg

毎年撮ってたら、その年によってかなり違いがあるので、ストリートアートの撮り歩きは面白い!
去年はこの界隈でたくさん見た、黒い蜘蛛のグラフティが、どこにもなかった><

これは去年も見て結構好きだったもの。
まだ残ってたー!
a0112972_028121.jpg

壁のパイプに何かある…と思って見たら、手編みのこんなのが!
ポケットがついてて、その中に植物が入ってる。
a0112972_0285211.jpg

あ!あっちにも♪
猫っぽい顔。可愛くて素敵だなぁ。
どんな人が作って付けたのかな。
a0112972_029919.jpg

去年、ショソン・オ・ポムがとっても美味しかったパン屋さんに寄ったけど、あ、今日は月曜で休みだ…。
お昼はどこかで買うことにして、動物園に行くことにしました。
ヴァンセンヌの動物園、去年の夏も行ったけど(その時のブログ)、今日はお天気も快晴でポカポカ気持ちがいいし、のんびりするにはもってこいの場所!

動物園の最寄りのポルトドレ(Porte Dorée)駅を出たところで、開いてるパン屋さん発見。
ここでチーズのキッシュを買って動物園に向かいました。
ピクニックエリアで食べよ^^

13時半ごろに動物園に入ったのだけど、平日の昼間だからか、人がほとんどいない!!
前は週末に来たからかなり混んでたけど、今日はほんとほぼ貸切状態な感じ。
まずは、アシカとペンギンの水槽へ。
すい~すい~と気持ちよさそうに泳いでるなぁ。
a0112972_030103.jpg
アシカの餌やりが15時から、ペンギンの餌やりが16時15分からなので、それに合わせてまた戻って来よう!

動物たちも、のんびり日向ぼっこで気持ちよさそう^^
a0112972_0301785.jpg

ピクニックエリアのベンチで、さっき買ったキッシュをいただきまーす!
シェーブルチーズのキッシュです。
a0112972_0304468.jpg
ヤギのチーズは、気軽に食べれるフランスでたくさん食べておこう!
濃くて美味しかったです♪

水飲み場、前も見たけど可愛い!
a0112972_031527.jpg

歩き回る前に、日焼け止めを念入りに塗って…。
七分袖&カーディガンで十分あったかい…というか、日なたは太陽の光でじりじり痛い!
もうちょっとマイルドな陽射しならいいのだけど、本当に日差しが強いです。

向かったのは、ライオンのいる場所。
2016年の春に産まれた仔ライオン(オス2頭、メス1頭)が大きくなってる!!
去年のフリーペーパーの記事で、赤ちゃんライオンのことを知ったのだけど、7月に行ったときには赤ちゃんライオンは見ることができなくて…。
やっと実際に見ることができた!
a0112972_0312136.jpg

お父さんと息子。
息子の方、お父さんと見比べたら、まだまだ幼さが抜けない!!
a0112972_0313315.jpg

お父さんはさすがの体つき!
肩毛というか、胸毛と言うか…わしゃわしゃっとしてる。
a0112972_0314188.jpg

仔ライオンは、たてがみもまだ長くなくて、ぽやぽや生えてる感じで可愛いなぁ。
a0112972_0314976.jpg

ジャガーは、木の上で夢中で骨をガジガジ。
a0112972_032171.jpg
ちらっちらっと私の方を気にしていたのだけど、骨が滑ってポロリ…。
a0112972_0321192.jpg
あ…(´・ω・`)っていう顔で(ほんとにこんな感じだった!)、私を見て、骨が落ちたところを見て、また私を見て…。
ごめんね、取ってあげられないの。
しばらくして、悲しそうに丸太から降りて他の所に行っちゃいました。

そろそろ15時なので、アシカの水槽のところへ。
a0112972_032354.jpg
マイクで色々説明していて、アシカの名前とか、1日何キロの魚を食べるとか。
また、餌をやるときに健康チェックのために、口の中や身体を調べますという事を説明してました。
a0112972_033050.jpg
a0112972_033406.jpg
20分くらいで、結構あっという間。

次のペンギンの時間まで、園内をぐるっと回ってカワウソ(寝てた…)とかハゲタカを見たり。
ダチョウやキリンなどなどが、とても広い所に一緒にいます。
a0112972_033507.jpg
a0112972_0335857.jpg

オオカミの所にいくと、冬毛に生え変わってきてるのか、去年の夏よりもモフモフしていて可愛い!!
a0112972_034742.jpg
a0112972_0341575.jpg
首のところが、特にモフっとしてて、触ったら気持ちいいだろうなぁ。
行ったり来たり活発に動き回ってました。

鳥の温室に行ってフラミンゴを眺めて。
天気がいいからか、水面が鏡みたいになってはっきり姿が映ってる!
a0112972_0342827.jpg

くつろぐ黒豹。
岩の上がお気に入りみたい。
a0112972_0343957.jpg

ペンギンの餌やりを見に。
飼育員さんに、すごい勢いで群がっていってる!!
a0112972_035532.jpg
手から魚をあげたり、水槽にポーンと投げ入れたり。
ペンギンたち、可愛いなぁ。

マナティを見て、熱帯の温室をさっと見て。
a0112972_0351418.jpg

リンクスに会いに行きました。
いつも寝てるポイントに、こんな看板が!
a0112972_0352287.jpg
a0112972_0353275.jpg

ちょうどこの下の茂みで2匹くつろいでいたのだけど、しばらくして起きだしてうろうろ歩き回ってました。
可愛い~~~!!!
a0112972_0355698.jpg
a0112972_036552.jpg
見学できるところはガラスになってて、そのすぐ前を通ってあっちに行ったりこっちに行ったり。
足がしっかり太いんだなぁ。
a0112972_0362645.jpg
しっぽ、案外短い!

陽射しが強くて、眩しい!!!
a0112972_0365134.jpg

別のリンクス。
こちらは、黒の模様が少な目。
a0112972_037128.jpg
a0112972_0371679.jpg
しなやかな身体で、ずっと見ていても飽きない^^

園内を歩いてると、キリンの厩舎を上から見学できる場所があった!
ここ、前は気づかなかったです。
ちょうどキリンが首をのばした時に、顔が見える高さなので目線が同じくらいになって、間近に顔を見ることができて迫力ある!
a0112972_0374346.jpg

ひと通りぐるっと回って、ギフトショップでポーチやフィギアやポストカードなどを買ってから、まだもうちょっと閉園まで時間があるので、お気に入りのライオンのところへ行きました。
てっきり19時までだと思ってたら、今日は平日だから18時で閉園!
慌ててライオンの所へ向かいました。

お父さんライオンが、のっしのっしと目の前まで!
貫録がすごいわぁ。
a0112972_0375862.jpg

しばらくこのポーズでじっとしてて、『さぁ、撮っていいわよ』って言ってるみたい!
a0112972_038710.jpg

たてがみぽやぽや、まだまだ幼さの抜けきらない仔ライオン。
『何見てんだよ!!』
何となく、ちょっとつっぱってるティーンエージャーっぽく見えちゃう(笑)
a0112972_0383755.jpg
どれくらいで、立派なたてがみになるのかな。
このライオンの家族、また見たいなぁ。

もっと見ていたかったけど、係りの人がやってきて「もうすぐ閉まるから、出口へ!」と追い立てられてしまいました。
ライオンは一番奥の方にあるし、あと15分くらいで閉園時間。
もっと早く来たらよかったなぁ。
4時間半くらいいたのだけど、餌やりの時間気にしたりで、ばたばた慌ただしかったなぁ。
2回目だから~と思ってたけど、全然時間が足りなかった!
4時間半いたけど、ぜんぜん足りなかった!
a0112972_0385693.jpg

晴れ渡っててすごくいい夕暮れ時。
ヴァンセンヌ公園の池まわりを、ちらっと散歩してました。
a0112972_0391144.jpg
マラソンしてる人とか、くつろいでる人がたくさんで、のどかだなぁ。
白鳥やカモに餌をやってる人が対岸にいて、ものすごく鳥たちが群がってた!
白鳥、無理やりおじさんの手から餌を奪い取ってたよ(笑)
a0112972_039278.jpg

スーパーに寄って、食糧調達。
フランスはLUのお菓子がほんと豊富で、色々食べられて嬉しい♪
クッキーと、ハーブティーと、ルバーブのヨーグルト、リオレ、ウサギ肉を使ったレトルトなどなど。
ハーブティー、緑茶ベースのレモンタルトの香りのと、アップルミントと2種類買いました。
どちらも美味しかったけど、レモンタルトのハーブティーがかなり好みで美味しい!
日本にも売ってたらなぁ。
a0112972_0394794.jpg

簡単に夕食を作りたかったから、トリップの缶詰にトマトを混ぜて、アンディーブの上に昨日の残りのオオムギのピラフみたいなのを添えて。
あつあつに、ヤギのチーズを添えてちょっと滑らかにしてから食べました。
トリップ、ほんと大好き!!
a0112972_0395844.jpg
デザートに、ミラベルの残りを食べたり、今日買ったクッキーを味見してみたり。

動物園のショップで買ったのがこちら!
ライオンの家族写真があって嬉しい!
この子たちが、1年半で今日見た大きさに成長したのかぁ^^
a0112972_0401034.jpg

ポーチと、オオカミのフィギュアと、あとコイン!
1サンチームを、機械に入れて、ぺたーっと引き延ばして模様を付けるやつです。
昔々、アメリカ旅行した時はこのタイプのが色々あったのだけど、最近はあらかじめ模様のついた丸い記念コインが多くて、コインを引き延ばすタイプのを見かけなかったから、すごく嬉しい!
絵柄は3種類あって、遠吠えしてるオオカミにしました。
a0112972_0402415.jpg

ギフトショップの袋、かっこいい!
a0112972_0403245.jpg

色んな動物たちを見れて、楽しかったです♪


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
[PR]
by kayo-chocolat | 2017-01-06 00:44 | France-2016-旅行記 | Comments(0)


検索
最新の記事
ブログ移転のお知らせ
at 2017-08-08 22:07
2017年の、フランス旅行記..
at 2017-08-07 17:50
展示最終日&冷たくて甘いもの..
at 2017-08-05 22:37
相変わらずの右目
at 2017-08-04 23:13
フレンチクラフトフェアのお知らせ
at 2017-07-28 16:41
数字の差
at 2017-07-27 18:04
帰国して…
at 2017-07-23 22:54
パリ最後の夜
at 2017-07-19 22:00
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
くりっく365とは
ブログジャンル
タグ
画像一覧