わたしの足跡


KAYO*chocolat(ショコラ)です! 写真、カリグラフィー、フランス額装、カルトナージュ…。 やりたい&作ってみたい気持ちの赴くままに、過ごす日々。
by kayo-chocolat
「My cozy room」
HPのメインメニュー。
(更新停滞中…)

新ブログ↓
「わたしの足跡2」
(こちらの容量がいっぱいになったので、新ブログにて続きを綴ってます)

◆メールは<こちら>より。

※当ブログ内の全ての画像、文章の転用を固く禁じます。
Copyright (C) KAYO*chocolat, all right reserved.



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
↑↓ポチっとお願いします^-^






free counters
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>hi-guchiさん ..
by kayo-chocolat at 00:27
初めまして、いつも楽しみ..
by hi-guchi at 09:41
>funicolareさ..
by kayo-chocolat at 23:21
こんばんは。 霧の..
by funicolare at 20:04
>funicolareさ..
by kayo-chocolat at 01:39
ガ・ン・バ・レ!
by funicolare at 00:27
外部リンク

<   2014年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

これも濃い!!白い宝石(11月30日)

ヨーグルトは、いつもパルテノを食べてるのだけど、普段行くのとは別のスーパーに行ってみたら、こんなのが売ってた!
a0112972_002232.jpg

「白い宝石」!!
こういう黒背景のパッケージって、他にないからインパクトある!
女性の写真がレトロな感じだなぁ。
a0112972_003923.jpg

プレーンとか、色々あったけれども、リンゴとシナモンソースが添えられてるのにしてみた。
最初からまじってるんじゃなくて、別の小袋にソースが入ってるタイプ。

このヨーグルトもなかなか濃厚で美味しいな。
他にも色々な味があるから、それも食べてみたい。

ヨーグルトは、パルテノとか白い宝石とか、濃いやつじゃないともう満足できないかも!!


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-30 23:59 | 甘いもの | Comments(0)

通常クラスと、文字好き雑貨展&グラスリッツェン展へ(11月29日)

カリグラフィーの通常教室に行ってきました。
今年は、大体、2か月に1度のペースになってるけれども、途切れないように…。
ラスティック体のモダンスタイルのものを、色々アレンジする続きを。

小さく書いたら可愛いなぁ…という事で、小さいものを練習。
ミッチェルのペン先が書きやすかったので、今回はミッチェルの3のサイズで練習していきました。
細い線が書きやすい!!

最初は5ミリのXハイトで書いてみて、次に4.5ミリで。
0.5ミリ小さいだけで、文字の大きさとして見た目がぐっと違ってくるなぁ。
普通に書いたものだと、何か物足りない…という感じだったので、先生のアドバイスでセリフの部分をぐぐっと大きくしてみたら…可愛くなった♪
バランスをとるため、横のラインをかなり細くしてみたり、色々とアレンジ。
基本形を、こうやってあれこれアレンジしていくのって、楽しいなぁ。
a0112972_23282856.jpg

モダン・ラスティック体のアレンジスタイル、この小さ目のセリフ大きめのもので、区切りの終了作品を書くことにしよう。

教室が終わって、まず向かったのはトリトンカフェ。
カリグラファー達による、カリグラフィーを用いた雑貨やカードなどの「カリグラフィー文字好き雑貨」展です。
このDMがとっても可愛い♪
手のひらサイズで、二つ折りのノートみたいなの!!
色々細かい工夫もされてて、ほんと楽しいDM。
a0112972_23285462.jpg

店内はちょうどお茶の時間帯だったので満席。
練習後のひと休みに、お茶したかったけれども無理だなぁ…><
お茶はあきらめて、展示のみ見せてもらうことに。
8人のカリグラファー達の色んな作品。
カードやミニ額作品や、布に書いてくるみボタンにしてる物や、プラ板などなど…色々なカリグラフィー作品があり、どれも素敵ですごーい!!

続いて、その近くの「ギャラリー・グルニエ」へ。
カリグラフィーの濱田先生が、グラスリッツェンの個展をされてるので、それを見に行きました♪
a0112972_23291981.jpg

この展示が…すごい!!
グラスリッツェンとは、ガラスの表面を薄く彫って模様を施すガラス工芸。
もう何年も前になるけれども、濱田先生にワンデイレッスンでグラスリッツェン講座を受けたことがあって、リボンとカリグラフィー文字を写真立てのガラスに彫ったことがあるのだけど…ものすごく時間がかかって、2時間くらいのレッスンで目と手がくたくたに…。
ちょっとでもはみ出したら、消すことができないのでとても気を遣う繊細な作業なんです。

ひとつの作品を作るのに、ものすごく時間がかかるグラスリッツェン。
花瓶やお皿や、グラスやランプ、オーナメントなどなど…色々な大きさのガラスに彫られた、カリグラフィー文字や絵の数々。
どれもすごい!!すごすぎる!!!
緻密で繊細で…何度もため息がでてしまう。

ぐるぐるとゆっくり一つ一つ、じっくり作品を見ていって、最後にすごく気に入ったグラスをひとつ購入。
濱田先生は今日は会場にいらっしゃらないので、ちょっと残念…。
(さっきまでカリグラフィー教室でお会いしてたけど)
作品についてのあれこれ、聞きたかったなぁ。

購入したのがこれ。
Winter Wonderlandの文字と、雪だるまを作ってる子供の絵が彫られていて、むっちゃ素敵!!
a0112972_23295789.jpg

雪だるまを作ってる子供たちの、この感じがすごく好き。
a0112972_233039100.jpg

a0112972_23304938.jpg

文字も素敵。
向こうに、子供たちが見えるようになってます。
a0112972_23302816.jpg

a0112972_2334068.jpg

a0112972_23341846.jpg


嬉しいなぁ。大切にしよう♪


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-29 23:27 | カリグラフィー | Comments(0)

ぶつぶつが…(11月28日)

ここ最近、困っていること。
漢方が原因かどうかわからないけど、1週間前(11月21日ごろ)から身体の所々痒くなって、蚊にさされたみたいに膨らんで…というのが、毎日からだのどこかしらでおこってる。
最初は、下着とか靴下のゴムが当たってイガイガしたりして、痒くなったかな…って思ってたけど、何だか違う感じ。

昨日の漢方外来で先生に言ってみたら、たぶん先月から飲み始めた漢方に含まれてる、カンゾウの成分のせいかも…ということで、この漢方はやめることに。
結構多く成分が含まれてたらしい。
カンゾウは、抗利尿作用があってむくみが出るのが副作用とされてる。
含有量が少ないものだと大丈夫だったけど、これは、飲み始めて翌日から「ものすごくむくんで、体重も一気に増えてる…」と言った感じだった。

漢方的には、身体に水が溜まりすぎていて、発疹となって表面に出てくる…という考え方をするそうだ。
ベースとしている漢方のほかに、むくみを取るタイプの漢方を飲んでみてくださいとのこと。

で、カンゾウの成分が入った漢方をストップして2日目。
主に夕方~夜にかゆみと発疹が起こるのだけど、朝から腰とか太ももに、蚊に刺されたようなふくらみがいくつも…。かゆい!!
いくつも密集して膨らんで、我慢してると2~3時間で治まっていく。

鞍馬に行った日も、白龍園に行った日も、昼間は大丈夫だったのだけど、夜からはカメラ入れてたバッグを掛けてた左肩の部分が、「あ、バッグの重みで肌が擦れて赤くなったかな…」と思ったら、痒くなって腫れてきて、うわーってなってたのです。
疲れてたから、痒みよりも眠気のほうが強くて、寝てしまってたのだけど。

擦れたところ、締め付けたところを中心として、それ以外にもぽつぽつ膨れて痒くなって治まる…を繰り返してる。
なんだろ、これ。
漢方が原因じゃなかったのかな。
ましになってきても、同じ病院の皮膚科を受けて、相談したほうがいいかな…。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-28 22:56 | body & health | Comments(0)

もみじのトンネルの動画:昼&夜 (11月27日:その4))(白龍園・ドアノー展・貴船)

24日と27日に利用した叡山電鉄の、市原~二ノ瀬駅間は、『もみじのトンネル』と呼ばれる場所。
電車の車窓からしか眺められないんです。

景色を堪能できるよう、この間は電車も徐行してくれて…。
右も左も、綺麗な紅葉が次々に通り過ぎていって、とても綺麗でした。

動画を撮ってみたのだけど、使ったのがかなり古いコンデジだったので、画像が…(汗)
それに、どうしてもyoutubeにアップしたら、画像が悪くなってしまう><
色々試したのだけど、これで限界でした。
元のは、もっと綺麗に見えるんだけどな~。

まずは、お昼のもみじのトンネル。
最初、横向いちゃってます…。




こちらは、夜のライトアップされたもみじのトンネル。
お昼も夜も、鞍馬方面に向かって右側の窓のもの。
左側の方も撮ったのだけど、右の方がより綺麗でした♪



24日、27日と2日間叡山電鉄に乗ったので、何度もこのもみじのトンネルを通ることができて、右側も左側もどちらも見ることができて、ほんとに嬉しかった!!
今年の秋は、紅葉を思いっきり満喫しました♪


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-27 23:52 | お出かけ&イベント | Comments(0)

夜の貴船神社・夢守火参り(11月27日:その3)(白龍園・ドアノー展・貴船)

暗くなってから向かったのは、貴船神社。
11月いっぱい、『貴船もみじ灯篭』が行われていて、ライトアップが行われてるのです。

貴船川には、燈籠がたくさん。
遠くから見ると、蛍のような星のような、オレンジの優しい光。
a0112972_17344092.jpg

a0112972_17345423.jpg

a0112972_1735582.jpg

夜になって一段と冷えた空気の中、燈籠が点々と灯された道を歩んで、貴船神社へ。
a0112972_17353885.jpg

a0112972_17354896.jpg

19時過ぎに貴船神社に到着。
混んでるかな?と思ったけれども、木曜の夜だからか、あまり人がいなくて静まり返ってる。
a0112972_17355911.jpg

a0112972_17361425.jpg

a0112972_17362412.jpg

本宮でお参りし、『夢守火(むすび)参り』のためのろうそくを購入。
奥宮にある船形石に付けられた竹筒に、この蝋燭で火をともすため。
これをしたかったの!
a0112972_173635100.jpg

それから、結宮に立ち寄ってお参り。
結宮、誰もいなくて辺りも暗く…夜の貴船は空気がすごい…。
夜は写真を控えた方がいいなぁ…と思いつつ、奥宮へ。
a0112972_1737063.jpg

奥宮に続く道も、燈籠が灯されてる物の、かなりの暗さ&人がいなくて寂しい!!
怖いとまではいかないけれども、首の後ろの髪の生え際あたりがチリチリ寒いような、ピンと糸が張りつめたような感じで、昼間と全く違う。

心細くなりつつ、奥宮に到着。
松明が灯されてます。
a0112972_17371274.jpg

あったかい…。
a0112972_17372195.jpg

a0112972_17373164.jpg

忌火からろうそくに火を移して、竹筒へ。
a0112972_17374253.jpg

この、一番右側のが、私が置いたろうそく。
a0112972_17375265.jpg

a0112972_1738847.jpg

ろうそくの火で囲まれた船形石。
点々と明かりが灯っていて、綺麗。
(お昼の様子は→こんな感じ

夜の貴船を味わえてとてもよかった。
奥宮を後にし、来た道を歩いて戻って、貴船口駅までゆくバス乗り場へ。
川の流れる音が、すごく大きく聞こえてる。

こんなライトアップされた場所も。
a0112972_17385935.jpg

黒の中に赤が揺らめく…。
a0112972_17393159.jpg


貴船口の駅のホームに行くと、駅前の紅葉がライトアップされてる!
電車を待っている間も、綺麗な紅葉をしばし堪能…。
a0112972_17394466.jpg

a0112972_1739528.jpg

電車に乗り込み、夜のもみじトンネルのライトアップにため息をつき、そのあとは出町柳までの20分ほど爆睡してました。
良く歩いて、綺麗な景色と空気を思い切り味わえました!


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-27 23:33 | お出かけ&イベント | Comments(0)

ぜんざい&甘酒、ドアノー展へ(11月27日:その2)(白龍園・ドアノー展・貴船) sanpo

白龍園を堪能した後は、ちょっと休憩したくて道路を隔てて、「河鹿荘」へ。
a0112972_16154749.jpg

この期間のみの休憩処。
ここの雰囲気も、とても素敵。
a0112972_16173663.jpg

中には囲炉裏もありゆっくりした時間が流れてます。落ち着くなぁ。
a0112972_1618896.jpg

a0112972_16185442.jpg

ぜんざいと甘酒を頂くことにしました。
a0112972_16203825.jpg

a0112972_16205664.jpg

あつあつのぜんざい。
さっぱりした甘さで、小豆の粒がふっくらしていて、とても美味しい♪
a0112972_1621619.jpg

甘酒は、米麹から作られたもの。
風味豊かで、今までで一番好みの甘酒かもしれない。
普段は、酒粕の甘酒を家でも飲んでるけれども、米麹の甘酒はほんとに美味しいです。
a0112972_16211630.jpg

ものすごく猫舌なので、ふーふーとゆっくり食べてると、数人いた先客がいなくなり、この空間を独り占めに。
a0112972_16194056.jpg

a0112972_16195833.jpg


囲炉裏の炭を掻き分けにきたお店の方と少しお話しました。
春と秋しか一般には公開してないけど、冬の雪が積った景色もとても綺麗らしく、四季のお庭の風景をおさめたアルバムを持ってきて見せてくださいました。
雪景色、実際に見ることはできないのは残念だけど、ものすごく綺麗でした!

白龍園、ほんとうに素晴らしくて、何度でも訪れたい…。
緑と赤の美しさに、心打たれたひと時だった。
a0112972_16232358.jpg

a0112972_16233287.jpg


それから駅に戻って。
駅のあたりも、とても絵になるなぁ。
a0112972_16234714.jpg

a0112972_16235896.jpg

a0112972_1624719.jpg


また叡電に揺られて、出町柳へと戻り漢方外来へ。
ちょっと時間があったので、出町柳からは1駅てくてく散歩していった。
1時間ほど待って診察を受けて。
1か月前に新しく変更した漢方が、やっぱり合ってないみたいでものすごく身体がむくんでるので、それを止めることに。
今までのと、むくみをとるための漢方を。
1週間前から、蕁麻疹が所々にでてるのだけど、これは漢方が原因なのかなぁ。

夕方は、四条の何必館・京都現代美術館で行われている「没後20年・ドアノーのパリ ROBERT DOISNEAU展」を見に行きました。
今月末までのこの展示、ずっと行こうと思いつつなかなか時間が合わずにギリギリになってしまった。
a0112972_16303144.jpg

ドアノーの写真は日本やパリで、色んな展示を通して目にすることが多いです。
約60点が「子供たち」「恋人」「酒場」「街路」「芸術家」の5つのテーマに分けて展示されているのだけれど、何度見ても楽しめる。
以前見てから時間をおいて再度見ることで、また違う見方や発見がある。
まぁ、これはドアノーの写真に限ったことではないのだけれども。

生涯パリを撮り続けたドアノー。
彼の写真を見るときに感じるのは、「写真」という紙の中の2次元ではなくて、彼の目を通してまるですぐ目の前に人々がいるみたいだなぁ…という事。
パリの街並みは、何十年経ってもほとんど変わらない。
そこへ、何度も訪れて街並みを良く知ってるというのもあって、ドアノーの生きた時代と、今との年月を全く感じさせないものが多い。

全ての写真にタイトルがついているのだけど、それがなかなかグッとくる!
一番くすっと小さく笑ってしまったのが、『持ち上がるパリ』
歩道の左端のアスファルトを、数人並んで持ち上げている様子。
アスファルト、こんなに簡単に持ち上がっちゃうの?という驚きもあったのだけど、ほんとにこの人たち、パリを持ち上げてるわぁ!!とこのタイトルのセンスに参りました。

この展示で、一番心惹かれたのは、『ジョルジュとリトン』というタイトルの、暗いトンネル内にいる、コートを着て帽子を被った男性2人の写真。
これがもう、なんというかコートや帽子の質感がそのまま伝わってくるかのよう。
しっかりしてそうな仕立ての、でも表面はしっとり柔らかそうな感じで、もし写真を撫でたらコートの手触りが伝わってくるんじゃないかっていうくらいだった。
それに、この2人の醸し出してる雰囲気がとても渋くて、暗い場所に立ち、口元のタバコを挟んだ手とか、立ち上る煙だとか、渋い迫力に目が離せなかった。

あと、『音楽狂の肉屋』という、カフェのカウンターで飲む手を止めて、アコーディオンを弾く女性の方を向き、じっと見つめ演奏を聴く肉屋の男たち。
そのうちの一人の視線が熱烈で、このあと二人には何かが起こったのかしら…これをかけてちょっと一杯という事になったのかしら…という事をあれこれ想像させるものだった。
きっと、演奏が一息ついたら声をかけて、カフェか何かをご馳走したりしたのかな…。
一人、カメラ目線の男性がいて、写真の前に立つとその人と目が合う状態になるので、一瞬ドキリとしてしまう。
それも、この写真に目が奪われる要因の一つかもしれない。

ゆっくり展示を2回見て回り、家に帰っても楽しみたいなぁ…と写真集を購入。
オリジナルプリントとは雲泥の差があるけれども、展示されていた写真を思い出すきっかけに。

外に出てみると、いい具合に暗くなっていて。
さて、今から再び出町柳に行って、叡山電鉄に乗って、貴船に向かいまーす!!!

(その3へ続く…)


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-27 23:13 | お出かけ&イベント | Comments(0)

とうとう白龍園へ!(11月27日:その1)(白龍園・ドアノー展・貴船)

24日にダメだった白龍園。
(一日限定100人のみ入れて、午前中のみチケット販売&14時にはお庭が閉まるという、日本庭園)
どうしてもお庭を見たかったから、今日は6時40分に家を出て8時に出町柳の駅に来てみた。
行列は…まだ全然大丈夫!!
12人目くらいでした。
ただし、チケット販売は9時からなので、1時間ほどじっと並んで待ってました。

8時20分くらいに後ろを振り返ってみると、もう40人くらい後ろに並んでる。
そして、40分くらいにはすでに100人並んでるみたいで。
朝ごはんを食べてなかったので、持参した板チョコをかじってエネルギー補給しつつ…。

ようやく9時になり、駅員さんから『白龍園&叡山電鉄1日乗車券』を購入しました。
a0112972_226016.jpg

やったーーー!!

電車が、ちょうど展望列車「きらら」が来ていたので、それに乗り込みました。
これは、通常の電車と違って、景色を楽しむためにガラス窓が天井まで拡大&中央の8席が窓向きに配置されてるというもの。
満席で座ることはできなかったけど、車両の後ろのほうの大きな窓のすぐ近くに立つことができました。
白龍園の最寄り駅の二ノ瀬に向かって、しゅっぱーつ!!
市原→二ノ瀬のもみじのトンネル、月曜も見たけど何度見てもとても綺麗!
a0112972_2263174.jpg
↑窓が反射して白くなってるけど、上の斜めになってる細い部分も、窓になっててるんです)

二ノ瀬駅から、少し歩いて白龍園へ到着。
a0112972_2275815.jpg

この庭園は、青野株式会社の創業者・故青野正一氏によって、約50年前に作り始められたらしい。
山の整備や、石の段組、東屋など全て自らと社員家族による施行だんて、ほんとうにすごい。
長い年月、こつこつと作り続けた美しさ。
その大切なお庭を、一般公開してくださって嬉しいです。
a0112972_2285473.jpg

受付を済ませて、階段横の大灯篭。
a0112972_2282395.jpg

どっしりとした姿の苔むした灯篭と、紅葉の赤との色がすばらしい。
この灯篭、もともとは寛永寺にあったもので、二代目が譲り受けたらしいです。

石段をのぼって…。
a0112972_2291296.jpg

こんなにも苔で覆われてるなんて。
白龍園が100人限定なのは、庭園にある苔を守るため。
そして、雨の日は閉園してしまうのは、見て回る人が雨に濡れた苔に滑って怪我をしないため。
a0112972_2294086.jpg

階段を昇って目に付くのが、「鶯亭」と名づけられている東屋。
庭園内には、全部で5つの東屋があります。
a0112972_2295721.jpg

a0112972_2210682.jpg


これは「龍吟亭」。
また鶯亭とはまた違った雰囲気。
白い障子と節だった柱が、落ち着いた感じを出してると思う。
a0112972_22101795.jpg


とにかく、苔が素晴らしく綺麗で…。
ふわふわの柔らかい緑の絨毯があちらこちらに。
そして、色づいた葉がその上で休んでいる…。
a0112972_22102886.jpg

a0112972_2210377.jpg


小さな池に散る紅葉。
a0112972_2211514.jpg

a0112972_22111647.jpg

a0112972_22123293.jpg


小池の周りには、苔の絨毯が。
a0112972_22105615.jpg

a0112972_2212155.jpg

数種類の苔が生えていて、緑の濃淡が続いてます。
ふわふわ、やわらかそう…。
a0112972_22145135.jpg

a0112972_22152100.jpg


庭園の奥のほうには、大鳥居と山の祭神「八大龍王」と「白髪大神」を祭る祠があります。
社は撮影禁止。
その右奥には、神秘的な緑の空間が。
a0112972_22153684.jpg

このあたりは、空気が違う…。
澄んだ空気が、身体の中に入ってきて息をするたびとても気持ちがいいです。

一番奥の橋への石段は、苔に覆われていて立ち入り禁止。
a0112972_22155135.jpg

何だか、昔話に出てきそうな感じ。
a0112972_2216261.jpg

a0112972_22171390.jpg

あちらを向いても、こちらを向いても、上も下も、とにかく何度見回しても足りないくらい。
もっともっと、この緑の中にいたい…。
a0112972_221746100.jpg

a0112972_22175659.jpg

a0112972_22181129.jpg

山から、紅葉が流れているみたい。
a0112972_22222388.jpg

このあたりの苔は、緑が濃いと思った。
湿気が多いからかな。
a0112972_2223020.jpg

a0112972_22231590.jpg


石段を登って、「福寿亭」という一番見晴らしがいい東屋へ。
a0112972_22232912.jpg

中から眺める紅葉は、額縁の中にあるみたい。
a0112972_22234268.jpg

遠くの山も色づいていて、秋真っ盛り。
a0112972_22235549.jpg

a0112972_2224577.jpg


お庭の、一番低い場所にあるのが「清流亭」。
緑の中に溶け込んでいるみたい。
a0112972_22242749.jpg

a0112972_22244465.jpg

a0112972_22245547.jpg

ひと通りぐるりとお庭を巡ったけれども、離れがたくて、まだまだゆっくり緑と赤を楽しんで。
また、奥の方へ戻ってみたり。
a0112972_2322625.jpg


ああ、去りがたい…。
a0112972_22255212.jpg

a0112972_2226362.jpg


限られた人数のおかげで、とても静かにゆっくりと、この素敵なお庭を堪能することができました。
美しいお庭を、ありがとうございました。

長くなったので、一度ここで一区切り。
白龍園だけじゃ終わらないこの日!
(その2に続く…)


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-27 22:56 | お出かけ&イベント | Comments(0)

コリウールから(11月26日)

フランスの、コリウールに住む友人からポストカードが届きました♪
a0112972_1785147.jpg

とても綺麗な景色…。
その友達がいないと、名前すら知らなかったフランスの海辺の町。

南仏にあり、スペインの国境からわずか20キロ。
マティスやピカソなどの画家も訪れ、コリウールを描いたらしい。

いつか、行ってみたいなぁ。
この美しい景色の中で、友達とお茶したりアペロしたりしたい!!


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-26 21:08 | diary | Comments(0)

竹に包まれたでっち羊かん(11月25日)

一乗寺中谷で買ってきたものをおやつに。
まずは、そば饅頭。
a0112972_1633142.jpg

a0112972_16332998.jpg

中はこし餡。
つぶ餡よりもこし餡のほうが若干好きなので嬉しい♪

そして、楽しみにしていたでっち羊かん!!
普通のと、栗入りとがあって、栗入りを選んでました。
a0112972_16333951.jpg

竹の皮を開いていくと…。
a0112972_16334824.jpg

うわぁ、美味しそう!!!
a0112972_16335888.jpg

いい感じに栗が入ってる♪

粒あんと米粉を練り合わせて、竹の皮に流してから蒸し上げられてるので、もっちりした食感。
最初見たときは、薄くて平たい羊羹だなぁ、と思ったのだけど、このもちもち感はこの厚みに秘訣があるらしい。

竹の香りがして、甘さもサッパリしていて、いくらでも食べられちゃう。
これ、すごく美味しい!!!
もう1本、買っておくんだった!


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-25 20:32 | 甘いもの | Comments(0)

その5、甘味編 (11月24日:鞍馬・貴船・圓光寺・曼殊院門跡)

分けて書いていた11月24日のブログ、ようやくこれで終わり。
1日で鞍馬→貴船→圓光寺→曼殊院門跡を訪れ、結構くたくた…。
歩きつかれて家に帰り着き、ちょっと遅い時間だったけれども、買ってきたお饅頭を取り出してぱくり。

まずは、山椒餅。
a0112972_18102322.jpg

鞍馬寺の手前にある、杉々堂の山椒餅です。
鞍馬→貴船へと歩いて行った後、貴船から鞍馬に電車で戻って買っておいたのです♪
その時、ラスト3個のうち2個を購入。
すぐ後に男性が来て、ラスト1個を買ってました。
3個とも買い占めなくてよかった~。

お餅の部分が柔らかい!
ずっと触っていたい柔らかさ…。
a0112972_18104646.jpg

中には、粒あんがぎっしり詰まっている!!
食べてみると、粒あんの甘みの中に、山椒の爽やかな香りが混じっていて、甘みと香りが喧嘩することなく、すっとなじんだ感じ。
鼻から抜ける山椒の香りが、強すぎずちょうどいい。
これは美味しいわぁ。

こちらは、杉々堂のお向かいにある多聞堂で購入した、麦まんじゅう・よもぎ餅・栗ういろ。
ヨモギ団子と、名物の牛若餅はすでに売り切れてた…残念。
a0112972_18114539.jpg

この麦まんじゅうが、ものすごく美味しくて!!!
中はこし餡で、口の中ですっと溶けていく…!!!
こし餡の口当たりのよさが、物凄く好みで、こんなにも美味しいならあと2つほど買っておくのだったー!!
この麦まんじゅう、絶対にもう一度食べたい!

よもぎ餅は、中には餡は入っていなくて、柔らかいお餅の食感とよもぎの香りが楽しめます。
お腹にもたまって、ご飯代わりにぴったり。

栗ういろは、栗の甘露煮が乗せられた抹茶のういろう。
どーんとなかなかの存在感(笑)
a0112972_1812474.jpg

思ったよりも甘くなく、もちもち食感が美味しい。

綺麗な空気をたくさん吸って、紅葉を眺めて、最後には美味しいお饅頭などを食べて…。
早起きしてあちこち訪れたので、とっても長い1日でした。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kayo-chocolat | 2014-11-24 23:58 | 甘いもの | Comments(0)


検索
最新の記事
ブログ移転のお知らせ
at 2017-08-08 22:07
2017年の、フランス旅行記..
at 2017-08-07 17:50
展示最終日&冷たくて甘いもの..
at 2017-08-05 22:37
相変わらずの右目
at 2017-08-04 23:13
フレンチクラフトフェアのお知らせ
at 2017-07-28 16:41
数字の差
at 2017-07-27 18:04
帰国して…
at 2017-07-23 22:54
パリ最後の夜
at 2017-07-19 22:00
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
くりっく365とは
ブログジャンル
タグ
画像一覧